« 鳥が醸す情景 | トップページ | 鳥撮り初めⅠ »

2014年12月27日 (土)

師走のバードシューティング

タムロンの望遠ズームSP 70-300mmが届いたので野鳥の試し撮りにいく。フィールドは名護から近い羽地内海。干潮の時間帯なので撮影には好都合のはずだった。

現地に着き、カメラを首から下げてマングローブの岸辺を歩く。潮が引いてずっと沖まで海底が露出している。目を凝らすと小さな鳥が地面の上をちょこまか動いている。

テレ端の300mmで何枚か撮ってみた。が、遠すぎてダメ。場所を移動すると、少し大きな鳥が集団で餌をあさっていた。今度はトリミングでなんとかイケそう。

S141227d51_10eeee_2
ムナグロ or ダイゼン? 鳥の図鑑を見てもはっきりしなかった

干潟に下りて新たな鳥を探す。ずっと先に白くて大きい鳥がいる。ダイサギらしい。そちらへ向かって歩いていると、カワセミがふらりと飛んできて近くの木に留まった。沖縄でカワセミを見るのは初めてだった。

S141227d51_12ee
よく見ると嘴に何かくわえている。手前に木の枝が無ければ・・・

カワセミの出現でテンションが跳ね上がった。まだ逃げずにいたダイサギに慎重に近づいていく。これくらい大きいと300mmでもねらいやすい。

S141227d51_15eeee
S141227d51_18eee

干潟のさらに先にはサギ系と思われる別の鳥もいた。じわじわ接近してみたが、警戒心が強いのか、すぐに飛び去ってしまった。野鳥の撮影では相手との距離の測り方を学ぶ必要がありそうだ。

S141227d51_34e

タムロンの70-300mm(A005)はNikkor 18-200mmと比べると重く感じるが、手持ち撮影でもストレスは感じなかった。AFも速くて優秀。操作性には好印象を受けた。

今日の試し撮りで野鳥の撮影は大変だと改めて思った。動作が機敏で不用意に近づくとすぐに飛んで行ってしまう。それでも、カワセミのような思わぬ出会いもあるから楽しい。

S141227d51_38e
帰る間際に目の前に飛んできた野鳥。あとでシロハラと判明
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)ですべて撮影

|

« 鳥が醸す情景 | トップページ | 鳥撮り初めⅠ »

コメント

さっそくの 初カワセミ! おめでとうございます(笑)
野鳥の撮影は大変そうですね。
気をつけて 楽しんでください(^^)

鳥の名前・・・詳しくないですが、ネットで野鳥図鑑見てみました〜
1枚目はぱっと見、ウズラシギ?
http://yacho.no-heya.jp/M-T.html
最後のは シロハラ?
どうだろ・・・・

投稿: iyds | 2014年12月29日 (月) 22時41分

あ、 やっぱり ・・・・生息地とかから
1枚目 ダイゼンかな (笑)
写真の見た目だけで判断はいけませんですね(^_^;)

投稿: iyds | 2014年12月30日 (火) 08時34分

早速の羽地・野鳥観察、楽しく拝見しました。
いいですね~♪

鳥の名前『沖縄の野鳥』『日本の野鳥650』により
1枚目ムナグロ
最後の鳥はシロハラ雄に各1票!

では・・・よいお年をお迎え下さいね。

投稿: アラマ | 2014年12月30日 (火) 14時46分

>iydsさん
1枚目の鳥、私も最初はシギの仲間だと思ったのですが、嘴がすこし短い気がしました。ちなみにシギ・チドリ類(シギチ)は識別が難しくてバードウォッチャー泣かせとか。最後の鳥はシロハラに間違いないですね。おかげでスッキリした気分で年を越せます。ありがとうございました (^o^)v

>アラマさん
シロハラに駄目押しの1票、ありがとうございます(^o^) 私も「沖縄の野鳥」の写真を見たのですが、目と嘴がオレンジでなかったので見逃していました。冬羽のムナグロとダイゼンは酷似しているそうですが、1枚目の鳥は背中に黄褐色の斑があるのでムナグロかもしれませんね。アラマさんもよいお年をお迎えください。

投稿: tokajar | 2014年12月30日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥が醸す情景 | トップページ | 鳥撮り初めⅠ »