« 探鳥ハイキング | トップページ | 目の周りが赤い鳥 »

2015年1月25日 (日)

やんばる固有種を求めて

ハイキングコースでアカヒゲと出会ったことで、いわゆるヤンバル3種(ノグチゲラ、ヤンバルクイナ、ホントウアカヒゲ)への関心が湧いてきた。名護ならやんばるの森にも近い。やんばるの固有種を求めて国頭村の山を歩いてみることにした。

やんばるの西海岸と東海岸を結ぶ県道沿いにクルマを停めて付近の林道を歩く。日差しを浴びた木々の緑が美しい。環境は抜群だけど鳥の姿はあまり見かけない。目にしたのはシジュウカラ、ヒヨドリ、コゲラ、そしてヤマガラ。

S150125d51_06eee
ヤマガラ

具体的な情報に基づいて場所を特定したわけではなかった。当てずっぽうにクルマを降りて探してみても、希少種の鳥たちはそう簡単には姿を見せてくれそうもない。

場所を変えて森林沿いの小道を歩く。近くの茂みから木をたたく音が聞こえてきた。地面に近い位置なので下草に遮られて鳥は見えない。木をたたく音がコゲラのそれよりも大きいことは明らかだった。そして、沖縄のキツツキ類はコゲラを除くと一種だけ。

実物を確かめるために茂みに足を踏み入れた。足音に気づいたのか、隠れていた鳥は飛び立って近くの木の枝へ。姿はなんとか捉えることができたのだが・・・。

S150125d51_03ee
露出不足でピントも甘い。おまけに葉っぱ被り。証拠写真のレベルだけど、それでも嬉しいノグチゲラ

思わぬ出会いに足どりも軽くなる。ノグチゲラとのさらなる出会いを求めて山に入った。が、木をつついているのはコゲラだけ。山道をあちこち歩く。気がつくと日は西に傾いていた。

クルマを停めた場所に向かって歩いていると、赤い鳥が目の前を横切った。アカヒゲだ! そのまま茂みに入って近くを歩きまわっている。その場に立って様子を窺うと、こちらに向かってぴょんぴょん歩いてきた。

S150125d51_08ee
S150125d51_09ee
ホントウアカヒゲ(メス)。かわいいにもほどがある
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)ですべて撮影

ノグチゲラ、アカヒゲとくれば次はヤンバルクイナ。このままヤンバル3種を1日で達成できそうな気がしてきた。日没の時間が近づいている。ヤンクイに遭遇するチャンス。そう考えてヤンバルクイナが出没しそうな草地に移動してみたが、夢の三冠は適わなかった。

ノグチゲラといえば絶滅が心配されているほどの希少種。数が少なく山奥でないと出会えないと思い込んでいた。今回、ノグチゲラを目撃した場所が開けた場所だったので意外な気がした。見方を変えれば、やんばるの開発が進み、ノグチゲラの生息地に人間が入り込んでいるということなのかもしれない。

|

« 探鳥ハイキング | トップページ | 目の周りが赤い鳥 »

コメント

ヤンバル野鳥「夢の三冠」残念でしたね。

高江辺りの米軍演習地、環境保護の見地からでも返して欲しいです。

小さい島だけど昆虫も豊富だと聞いてますし・・・。
何とかならないかしら?

投稿: アラマ | 2015年3月 6日 (金) 23時32分

辺野古にしろ高江にしろ、政府の対応はどんどん威圧的になってますね。「アメとムチ」のムチがうなりをあげて振り下ろされているように感じました。

投稿: tokajar | 2015年3月 7日 (土) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 探鳥ハイキング | トップページ | 目の周りが赤い鳥 »