« 鳥撮り初めⅡ | トップページ | 水辺のバレリーナ »

2015年1月 5日 (月)

鳥撮り初めⅢ

翌日も好天に恵まれたので野鳥を探しにいく。本を返しに図書館に寄ると、駐車場脇の木立からさえずりが聞こえる。目を凝らすと小鳥が顔を覗かせていた。

あわててカメラを持ちだすが、鳥の姿はすでにない。引っ込みがつかず、遊歩道に導かれるまま林の中へ。

S150105d51_01ee
イジュの花とメジロ
S150105d51_03e
S150105d51_04e
シロガシラ。沖縄ではよく見かける鳥

今日も東海岸へ向かう。海をバックに飛翔中の猛禽類を丘の上から撮りたいと思った。途中で羽地大川と羽地ダムに寄り、あちこち歩いて鳥を探す。


S150105d51_06ee_2
サシバとカラスのツーショット。本当は仲がいい?

S150105d51_11e
ヒヨドリ
S150105d51_12eee_2
S150105d51_14eee_2
メジロ。この距離なら300mmでも十分にねらえる

ほかにもバンやキセキレイを水辺で撮影し、森ではコゲラに遭遇したが、いずれも遠すぎて写りがイマイチだった。

東海岸に移動し、川沿いの道を走っていると、水辺の木にとまるサギを発見。写真を撮りながら徐々に近づく。例によって予想よりも早く飛び去ってしまった。

S150105d51_23ee_2
S150105d51_27e_2

その後、浜辺を歩いて鳥を探すが見つからない。満潮に近い時間だったのでタイミングが悪かったのかもしれない。猛禽類の姿も見えず、海を背景にした雄大なショットは絵に描いた餅に終わった。

S150105d51_28ee
結局、海辺で撮影できたのはイソヒヨドリ(メス)のみ

S150105d51_29e
S150105d51_30e
集落のはずれで2枚追加。オスのイソヒヨドリは綺麗でフォトジェニック
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)ですべて撮影

カヤックで釣りをしているときは沖磯で鳥をよく見かけた。ここ数日、撮影を目的に海辺を何箇所か歩いたが、鳥はほとんど見かけなかった。季節、時間帯、場所――さまざまな条件が影響しているのだろう。渡り鳥を主体とする沖縄の野鳥撮影では、リサーチと情報収集が重要だと改めて感じた。

|

« 鳥撮り初めⅡ | トップページ | 水辺のバレリーナ »

コメント

①イジュの花とメジロ
メジロは愛くるしいですね。
名護図書館近くにもうイジュが咲いているのですか!?
4・5月だと記憶していたのですが・・・今年は早い♪!
②シロガシラ
南部の農家から害鳥扱いの鳥ですね。
シロガシラはただ生きているだけ・・・。
堂々とした姿でいい感じ。
③サシバとカラスのツーショット
本当に世間話しているのではないかしら。
サシバは渡っていかないで、名護にすんでいるのかな。

遅いので・・・また明日訪問します。

投稿: アラマ | 2015年1月11日 (日) 22時36分

『亜熱帯沖縄の花』によるとイジュの開花は5~6月なので随分早いですね。ヘンなことが起こる前兆でなければよいのですが・・・ (^_^;

投稿: tokajar | 2015年1月12日 (月) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥撮り初めⅡ | トップページ | 水辺のバレリーナ »