« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日)

弔いの青い鳥

父が亡くなって2週間になる。昨年の11月に脳出血で入院し、退院してやれやれと思っていたら、急性心不全で2カ月も経たないうちにふたたび入院。高齢でもあり、予断を許さない状態であることを医師から告げられていた。

2月7日の夜、病院からの連絡で駆けつけると、すでに息はなかった。その2日後がお通夜、3日後がお葬式だった。葬儀社の指示に従って整然と、怒濤のように過ぎた4日間。

享年94歳。天寿を全うしたと言えるのだろう。亡くなる半年前まで歩行器を使って歩くこともできた。寿命が尽きる当日まで、家族は毎日のように父を見舞っていた。

東京から名護に戻り、父が90歳のときに送ったメールを読む。仕事絡みで耳の痛い指摘もあった。当時は反発して冷ややかな返信を送ったものだ。その文面が今ではじんわりと胸に染みた。親心への感謝の念だけではない。肝に銘じておくべき内容がそこには的確に述べられていた。

ベランダでイソヒヨドリが鳴いている。物を置いてないので人の気配が薄いのだろう。たびたび訪れては綺麗なさえずりを聞かせてくれる。

鳥は不思議な生き物だ。追うと逃げて、佇んでいるとやってくる。かといって猫のようにすり寄るわけではない。姿を見せて鳴き声を聞かせるだけ。それでも、存在を身近に感じるだけで癒やされる。

その鳴き声はこうも告げていた。親の死は終わりではない。その存在を虚心に受け入れる、新たな関係の始まりでもあるのだと。

S150517d51_01ee
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)で撮影

| | コメント (4)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »