« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月19日 (木)

PAJERO MINI ラストラン

愛車のパジェロミニを手放す日がやってきた。遅い朝食を終えてクルマに乗り込む。忘れ物がないか念のためにチェックした。ガソリンスタンドのカードがサンバイザーに差し込んだままになっている。

58号で那覇方面へ向かう。道は空いていた。BGMの音量を上げる。全開にした窓から心地よい風が吹き込んでくる。格好のドライブ日和だった。

手放すことが決まってから、なぜかエンジンの調子がよくなった。燃費も向上したような気がする。持ち主に捨てられることを察知したパジェミの悲痛な叫びが聞こえてくるようだ。すこしのゴハンでいっぱい働くからワタシを捨てないで!お・ね・が・い。

その一方で、車体の老朽化は行き着くところまできていた。今年に入ってからは、雨が降ると運転席のフロアに水が溜まるようになった。そのたびに雑巾で水を吸い取って掻きだす。クルマでウナギの養殖もできると店のカウンターで話したらウケたけど、内心ひきつっていた。これはもう、いよいよヤバイと。

仲泊で6号に入り、石川バイパスへ抜ける。昔のテレビ番組の主題歌がBGMで流れている。その感傷的なメロディーを聴いていると、パジェロミニとともに過ごした沖縄での8年間が走馬燈のようによみがえり、ちょっとウルウルしてきた。

沖縄北インターで高速にはいる。高速を走るのは久しぶりだった。上にあがるとエンジンの音がうるさくなった。85キロ以上はだす気になれない。昔はこんなふうじゃなかったのに・・・。

高速を下りて、2代目のマイカーとなるハスラーが待つ販売店へ向かう。パジェロミニとの別れが近づいていた。惜別と期待が頭のなかで交錯する。

2時間後、名護に向かって高速を快調に飛ばしていた。とても静かで安定した乗り心地。 カーテクノロジーが成し遂げた15年の進歩を思い知らされる。やっぱり、デジカメとクルマは新しいほうがいいかも。

S090731w6_01e
おまえは本当にカッコよかった・・・これまでありがとう!

| | コメント (0)

2015年3月 6日 (金)

ハスラーじゃないと

沖縄に来て車を買う必要に迫られた。安くてシンプルなものがいい。車への関心は薄く、移動と運搬の手段に大金を払うのはバカらしい。最初はそう思っていた。

ところが、車選びを始めるとこだわりが湧いてきた。安い中古車でも数十万円の買い物だ。どうせ乗るなら気に入った色とデザインの車に末永く乗りたい。海や山へ行くことが多いので、アウトドア志向の車がいい。そこでジムニーとパジェロミニにターゲットを絞り、最終的に中古のパジェロミニを購入した。

それから8年。愛車のパジェロミニはサビだらけになり、老朽化して使いものにならなくなった。カヤックの運搬に使ったので塩害も一因か。3万キロも走っていないのに・・・。

結局、この春に買い換えを余儀なくされることに。ここでまた、一定の条件さえ満たせば中古の安い車でいいじゃんという考えが湧いてきた。

その条件とはルーフの形状と車高。カヤックを載せるため、ルーフはフラットで湾曲のないほうがよい。車高もそこそこあったほうがカヤックの上げ下ろしがラクな気がする。

そこで、条件に合う軽の中古車をチェックしてみた。が、ピンとくるものがない。性能や燃費は良くても、どれも似たようなデザインで魅力を感じないのだ。

とはいえ、旧型のパジェロミニは乗りつぶしたし、新型のデザインはあまり好みではない。程度のよい中古のジムニーは高いし・・・。

そこで浮上したのがハスラーだった。ジムニーのような野性味には欠けるけれど、十分に個性的な面構え。ルーフの形状と車高の条件も満たしている。

カタログを取り寄せてグレードやオプションを確認する。初めて走行中の実物を見たときは「あっ、オレのクルマ!」とビビッとくるものを感じた。

購入する車はハスラーに決まった。あとはグレードと色の選択。最終的に、一番安くてシンプルなAグレード、色は飽きのこない白になりそう。

初代マイカーのパジェロミニは50万で8年弱の寿命だった。2代目マイカーの価格はその倍以上。なので、とことん長く乗りたい。というか、死ぬまで乗りつぶすつもり。そのためにも、カヤック釣行後の洗車は念入りにやらないと・・・。

S070510c_003e
S150305gr_02e_2
上が初代マイカーのパジェロミニ。下が2代目のハスラー。丸いヘッドライトとボクシーな車体が好みらしい

| | コメント (2)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »