« 着陸に向けて降下 | トップページ | 待ちから攻めへ »

2015年4月12日 (日)

レイニーブルー

心配は現実のものとなった。車のドア内側に水滴が付いている。去年登録された、中古だけど新車同然のハスラーで雨漏りが起きていた。

ハスラーの購入には一抹の不安があった。ネットで検索すると、初期モデルのハスラーには雨漏りの報告が多く寄せられていたからだ。ウェザーストリップという窓ガラスのゴム枠がその原因らしい。

さらに、ルーフキャリアの取り付けに起因する雨漏りの報告例もあった。キャリアのフックがウェザーストリップと干渉するとか。今回、初期のハスラーにルーフキャリアを取り付けたことで、雨漏り発生のリスクはおのずと高まっていた。

それでも、諸々の理由で中古の購入に踏み切った。車の本体価格が安くなるし、自動車税も据え置かれる。新車だと納車まで1~2カ月待たなければならないし・・・。

ウェザーストリップはその後改良されたらしい。昨年の後半以降は雨漏りの報告をあまり見かけなくなった。ただ、改良版でもルーフキャリアを取り付けた後に雨漏りが起きないか不安は残る。

ルーフレールに取り付けるキャリアなら安心だが、ルーフレール付きのハスラーは最上位のXグレード(メーカーオプション)のみ。当然、価格はグンと跳ね上がる。

結局、リスク回避よりもコスト削減を選んだということか。カネを惜しんで想定されるリスクから目をそむけ、案の定トラブルを抱え込む。これまで幾度となく繰り返し、これからも繰り返されるであろう不毛なパターン。雨の日の憂鬱はいつしかビンボー人のため息へと姿を変えていく。

とりあえず販売店に連絡し、車を持ち込む手はずを整えた。来月には梅雨入りし、そのあとは台風シーズンが控えている。早急に対策を講じないと・・・。

S150412gr_02e_3
S150412gr_03e
水も滴るいいクルマ

|

« 着陸に向けて降下 | トップページ | 待ちから攻めへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 着陸に向けて降下 | トップページ | 待ちから攻めへ »