« レイニーブルー | トップページ | Kayak on Hustler »

2015年4月21日 (火)

待ちから攻めへ

IT関連の翻訳(和訳)を始めてこの6月で20年になる。沖縄に来てから1年近い休業を余儀なくされたとはいえ、これまで続けてこられたのは幸いだった。とはいえ、これから先はわからない。

ここ数年、IT分野ではソースクライアントのコストダウン要求を受けて翻訳料金は下がる一方。その結果、比較的単価の高い中堅翻訳者の仕事は減り、低単価でも引き受ける経験の浅い翻訳者に仕事が流れているらしい。

真相はどうあれ、昨年から受注量は大幅に減っていた。年金の受給開始まであと10年。腰を据えて本業と向き合い、打開策を見いださなければ・・・。

低単価を受け入れれば仕事の依頼は増えるだろう。その場合は、翻訳量を増やすことで損失の埋め合わせを図ることになる。品質の低下は避けられそうもないが、コストダウンを最優先するクライアントにとっては許容範囲か。とはいえ、経験を積んだ翻訳者が低単価に甘んじて新規参入者と同じ土俵で戦うのは哀しい。

比較的単価の高い翻訳会社を新規に開拓するという道もある。ただ、品質志向と低コスト志向に翻訳案件が2極化し、低コストが占める割合がますます増えていく状況下でそうした条件のよい応募先が簡単に見つかるとは思えない。

翻訳会社を介さない、第3の仕事獲得の道を模索する必要がありそうだ。そこで思い浮かんだのがセルフブランディング(企業や組織に所属しない「個人」が自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること【Wikipedia】)。

セルフブランディングではブログ、Twitter、FacebookなどのSNSが有力なツールとなる。こうしたSNSを通じて自分をアピールすれば、仕事獲得の新たな道が拓ける可能性がある。

仕事の依頼を待つだけの毎日を問い直す――残りの10年を翻訳者として全うするために必要なのは、待ちから攻めへの意識改革なのかもしれない。

S150331gr_10e_2
2015年はサクラ咲く年となるか。これからが正念場・・・

|

« レイニーブルー | トップページ | Kayak on Hustler »

コメント

待ちから攻めへ・・・応援します。
友人は推理小説の翻訳をやっています。
折角の専門的能力を生かして下さいね。

年金まで5年・・・私は2年です。
でも国の年金運用は不安がいっぱい。

お互いファイト!♪
空元気かしら???

投稿: アラマ | 2015年4月21日 (火) 19時54分

国民年金が主体なので予定どおり支給されても金額は雀の涙ほどです。なので、生活を簡素化して節約(節酒?)できるように来月から家計簿をつけることにしました (^_^;

投稿: tokajar | 2015年4月21日 (火) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レイニーブルー | トップページ | Kayak on Hustler »