« 待ちから攻めへ | トップページ | ホテイアオイが咲く池で »

2015年5月 3日 (日)

Kayak on Hustler

雨漏りのためにディーラーに預けていたハスラーが帰ってきた。各ドアのウェザーストリップを交換したとのこと。効果のほどは梅雨入りしてみないとわからない。とりあえずカヤックを載せて海へ行くことにした。昨年の10月以来、半年ぶりのカヤックフィッシング。

旧規格のパジェロミニと比べるとハスラーはサイズが大きい。荷物を載せる車内スペースは広くなったが、クルマを変えたことで不都合な面もでてきた。

たとえばバックドア。横開きだったパジェロミニに対し、ハスラーは上開き。水平よりも高く上がるため、ルーフ上のカヤックと接触する。そのため、カヤックを載せたあとに物を出し入れするときは、サイドの後部ドアを使うか、片手でバックドアを押さえながらやる必要がある。開閉の向きが異なることは完全に意識から抜け落ちていた。

カヤックの積み下ろしもやりにくくなった。パジェロミニのようにバックドア側からカヤックを頭上に持ち上げて載せようとすると、ルーフキャリアの位置が遠くてやりずらい。結局、サイドの後部ドア側からカヤックを積み下ろすことに・・・。

出艇場所に着くと風はほとんどない。海面はのっぺりと澱んでいる。鯛ラバで攻めるがアタリはまったくない。時間だけがトロトロと過ぎていく。

足漕ぎのカヤックが近づいてきた。挨拶を交わして情報交換。やはりアタリはないという。なーんだ、自分だけじゃないんだと嬉しくなる。それにしても足漕ぎカヤックの速いこと。ちょっと欲しくなってきた。

正午ちかくになってイシミーバイをゲット。これでなんとかボーズは免れた。

S150502w6_03e

半年ぶりのカヤックフィッシング。海に浮かべるだけでシアワセ。釣果は二の次とはいえ、ドラグが鳴る音を聞かずに終わるのはやはり淋しい。

大きく場所を変えて、以前イヌバーを釣ったポイントへ向かう。インチク数投目にアタリ。ドラグを鳴らしてラインが出ていく。タマンかと思ったが、後半の抵抗がよわい気がした。浮いてきたのは赤い魚。またしても犬婆・・・と思ったら。

S150502w6_05e_2
アカジン、50cm

今日はリリースの予定だったけれど、海面に浮かんだままなので持ち帰ることにした。

本日の釣りはこれにて終了。多少の試行錯誤はあったものの、カヤックを載せたハスラーに違和感はなかった。マイ・カヤックフィッシングの新たな幕開けという感じ。すこし嬉しい。

S150503gr_01e
アカジンは刺身と煮付けで舌鼓

|

« 待ちから攻めへ | トップページ | ホテイアオイが咲く池で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待ちから攻めへ | トップページ | ホテイアオイが咲く池で »