« 塞ぎの虫 | トップページ | 台風の一滴 »

2015年6月29日 (月)

悦楽と報酬の狭間

翻訳の仕事が減るにつれて、新たな収入源を模索するようになった。とはいえ、この期に及んでシンドイことはしたくない。アラフィフを過ぎてまもなくアラカンの仲間入りを果たそうというのだから。

芸は身を助けるという。好きなことをして金が入ればそれに越したことはない。思い浮かんだのはカヤックフィッシング(KF)と写真だった。

以前、飲み屋で知り合った料亭のオーナーに趣味はカヤックフィッシングだと告げたことがある。タマンやアカジンが釣れると話すと、うちで買い取ってもいいと言われた。そのときもらった名刺も探せばあるはずだった。

趣味のKFからサイドビジネスのKFへ。その転換を脳内でシミュレートしてみた。まずカヤックを13フィートの足漕ぎカヤックに買い替える。航行性能はこれで大幅にアップ。さらに海図を入手し、魚探とGPSを駆使して沖合の根をピンポイントで攻める。釣れた魚は大切な商品。神経締めと血抜きをバッチリやって鮮度を保つ。でかいクーラーは必須だ。

想像していくうちに胃のあたりがどんより重たくなってきた。高値で売れる獲物を求めて出漁する――航行性能は良くなっても、カヤックで海に浮かぶ楽しみは奪われるだろう。自分が自分でいられる神聖な空間を失うような気がした。

写真はどうか。ストックフォトのGettyimagesで写真を売らないかというメールがFlickr(写真共有サイト)から届いたことがある。手続きが面倒そうなのでヤメたのだが、ストックフォトでの写真販売は検討する価値がありそうだった。

問題は、ここでも楽しみと報酬がトレードオフの関係になりやすいこと。自分が撮りたい被写体(作品)からストックフォトで売れる被写体(商品)に軸足を移すことを余儀なくされる。

それでも、使用される媒体をイメージしながら撮った「商品」が売れれば新たなやりがいを見いだせるかもしれない。「商品」路線を維持しながら自分の「作品」を撮り続けていくこともできるし、その「作品」がストックフォトや電子出版を通じて「商品」にならないとも限らない。海外のストックフォトなら市場は世界規模に拡大していく。

写真は新たな収入源となる可能性を秘めている。でも、それは長い目でみた話。それなりの金額を稼ぐには大量の写真をストックしなければならないため、長期的なスパンで取り組む必要がありそうだ。

結局、時間や労力を考えると取引先を広げて翻訳で稼ぐのが一番確実か。翻訳者は翻訳の仕事に精進しましょうねというオチでした。

S150517d51_13e

|

« 塞ぎの虫 | トップページ | 台風の一滴 »

コメント

沖縄の海を背に舞うアジサシはホントに美しいですね。ベニアジサシやエリグロアジサシは内地ではまずお目にかかれませんが、沖縄では夏の風物詩。名護からだとやんばるの森も近いし、ホントウアカヒゲ・ノグチゲラ・ヤンバルクイナもすばらしい被写体。金武まで足を伸ばせば全国屈指のフィールドもありますし、沖縄は野鳥天国ですね。

投稿: ANY | 2015年7月16日 (木) 11時50分

コメント、ありがとうございます。沖縄は留鳥の数は少ないけれど、季節ごとにさまざまな渡り鳥と出会えるので楽しいです。アジサシもそのひとつですが、最近は沖縄への飛来数が減っているそうです。鳥の渡りには地球環境の変化が色濃く反映されますね。

投稿: tokajar | 2015年7月17日 (金) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塞ぎの虫 | トップページ | 台風の一滴 »