« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月28日 (火)

脇道でサギに会う

仕事がヒマなこともあって、この数カ月間でいくつか検査を受けた。昨年の12月は心臓のCT検査。今年の6月は頸動脈エコー。いずれも異常なし。7月下旬のこの日は那覇方面に車を走らせていた。大腸の内視鏡検査を受けるために・・・。

大腸の検査は5年ぶりだった。ネットであれこれ探してみたが、結局、前回と同じクリニックに予約をいれた。現地に着くと受付開始までにすこし時間がある。ぶらぶら散歩することにした。

幹線道路から脇道に入る。すこし行くと橋があった。川の上流にサギがいる。さらに行くと小さな池があった。そこにもサギがいる。一瞬、目を疑った。クロツラヘラサギだ。でも、あれは冬鳥のハズ。それに目撃できる場所は限られている。ここはいったい・・・

S150728gr_05e
バードウォッチングの聖地、三角池じゃあーりませんか

望遠ズームがあれば...と残念に思った。でも仕方ない。今日は自分が撮られる日なのだ。それでも、この場所に遭遇できたのはラッキーだった。ただ、ウワサどおり水は汚くゴミも多い。クロツラヘラサギと思われる鳥がいた場所の背景はコンクリートで固められていた。ここで鳥を美しく撮るには創意工夫が必要かも。

ドラマチックな出会いのあとには過酷な試練が待っていた。2リットルの下剤は余裕で飲みほした。問題は内視鏡検査。美人の看護師に何度もムギューと腹を押さえつけられる。超絶腸モミって感じでかなりエグい。ガンは見つからなかったけど、疲労困憊した。

医師いわく、ねじ曲がっていて難易度の高い腸だという。前回の検査でも難儀したが、その頃より痩せたので今回はさらに大変だったとか。たしかに、受ける側も前回よりきつかった。大腸の検査はもう当分いいやという感じ。

ポリープから採取した組織の検査結果を聞くために、近いうちにまたクリニックへ行くことになりそうだ。そのときは望遠ズームも持参するつもり。でも、あのクロツラヘラサギはもういないだろう。そんな確たる予感がした。

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

プレミアム・ワイン

やらなくてもとりたてて支障はない。どーでもよいこと。それでも、未処理の案件として頭のすみでくすぶり続けることになる。より正確に言うと、「7月のYou must do」のリストがエアコンの風を浴びて目の前ではためき続けることになる。

ハラを決めて一番面倒な案件から取り組むことにした。それは、業務上のセキュリティ要件を満たすために仕事用サブマシンのWindowsとOfficeをXP→7、2003→2010にそれぞれアップグレードすること。あくまでサブマシンなのでメインマシンが故障しない限り出番はないのだが、備えあれば憂いなし。心の保険みたいなものかもしれない。

つづいて、懸案だったTwitterの再開とFacebookの登録にとりかかる。こちらはすんなり片付いた。Twitterは仕事絡みの情報収集やセルフブランディングに使えそう。Facebookは公開範囲の設定がめんどい。それに、Twitterとブログに挟まれて有効な使い道が思い浮かばない。登録するという所期の目的は達したのでこのまま放置か。

ヤフオクにもお世話になった。ハスラーのリアシートに装着するヘッドレスト(安いAグレードには付いていない)とサブマシンの増設用メモリを購入した。マイ・ハスラーのリアシートに人が座ることはめったにないだろうけど、こちらも備えあれば憂いなし。流用可能なワゴンRのヘッドレストを格安で入手できた。

リストの最後を飾るのが20%お得な商品券「名護市プレミアムチケット」。限度額の5万円をドーンと購入する。これで6万円分の買い物ができる。このプラス1万円は大きい。購入の目的は生活コストの節減にあるので、もっぱらスーパーの買い物で消費することになりそう。

とはいえ、スーパー以外でもいろいろな店で使える。ときどき行くバーでも支払い可能らしい。商品券で飲む酒はどんな味? さっそく行ってみた。

最近、バーでは赤ワインを飲むことが多い。量は3杯まで。その店で出されたグラスワインはイタリア産だった。美味しかった。3杯飲んでそろそろ引け時だなと思う。商品券を出して眺めていると、これで払えば3杯のカネで4杯飲めることに思い至る。お代わりを注文した。

バーの支払いに商品券を使うと浮いた分を飲んでしまう。これでは節約にならない。やはり、スーパーでの買い物が正しい使い道なのかも。商品券で飲む4杯目の赤ワインはほろ苦い味がした。

S150722gr_02
プレミアムチケットを購入した「羽地の駅」

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

台風の一滴

ウェザーストリップを交換してもハスラーの雨漏りは直らなかった。やっぱりなぁ、というのが正直な感想だった。交換したけれどダメだったという報告をインターネットでたくさん目にしていたからだ。

やむなく2回目の修理へ。今度は別のディーラー店に依頼した。その際、ウェザーストリップを交換しても直らなかったこと、ネットの情報では風切り音防止テープを貼ると効果があるらしいことを担当者に伝えた。

今回はラパンが代車だった。女性がターゲットなのか内装がシャレている。Aグレードのハスラーには無いプッシュスタートやアイドリングストップも付いている。ちなみに前回の代車はワゴンR。修理のたびに未知のクルマを体験できて、嬉しいんだか哀しいんだか。

車を預けてから数日後、ディーラーから電話が入る。修理についてメーカーに確認したところ、ウェザーストリップを交換するように指示されたという。前回の修理で改良版に変えたハズ。それとは違うバージョンが存在するのか。

釈然としなかったがここは任せるしかない。効果がなければ速攻でまた再修理を要求するだけだ。それから3週間。ラパンにもすっかり馴染み、このままずっとラパンでもいいかと思い始めた頃、ディーラーから修理完了の連絡がきた。

久しぶりにハンドルを握ったハスラーは目の位置が高くて運転しやすい。ただ、代車のラパンのほうが停止/発進はスムーズだった。車種の違いというより個体差か。

ハスラーが帰還した翌週、大型で非常に強い台風「チャンホン」が沖縄にやってきた。夜が更けるにつれて風雨が激しくなる。と、仕事中に停電が発生! 無停電電源装置(UPS)があるからパソコンのデータは大丈夫とタカをくくっていたら、わずか10秒ほどで電気の供給がストップ。停電は数分で復旧し、作業中のファイルも無事だったけれど、高い金を払ったUPSが役立たずであることが判明して超ショック・・・。

その翌々日、雨があがったので車の確認にいく。台風なので雨量もハンパでない。床一面水浸しだったらどうしよう。おぞましいイメージが脳裏に浮かぶ。

最初に車内の後部ドアをチェックした。水滴はない。続いて前のドアをチェックする。こちらもOK。半信半疑でさらに調べると、右後部ドアのドアポケットに1滴発見。でも、それだけだった。

台風という状況を考えれば許容範囲か。ひとまずホッとした。7月なので台風はまだまだ来るだろう。猛烈な台風が来れば1滴では済まないかも。そのときは「風切り音防止テープ」が頼みの綱だ。

S150711d51_01e
台風が通り過ぎた日の翌朝。海上にはまだ白波が立っていた。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »