« プレミアム・ワイン | トップページ | 首がネック »

2015年7月28日 (火)

脇道でサギに会う

仕事がヒマなこともあって、この数カ月間でいくつか検査を受けた。昨年の12月は心臓のCT検査。今年の6月は頸動脈エコー。いずれも異常なし。7月下旬のこの日は那覇方面に車を走らせていた。大腸の内視鏡検査を受けるために・・・。

大腸の検査は5年ぶりだった。ネットであれこれ探してみたが、結局、前回と同じクリニックに予約をいれた。現地に着くと受付開始までにすこし時間がある。ぶらぶら散歩することにした。

幹線道路から脇道に入る。すこし行くと橋があった。川の上流にサギがいる。さらに行くと小さな池があった。そこにもサギがいる。一瞬、目を疑った。クロツラヘラサギだ。でも、あれは冬鳥のハズ。それに目撃できる場所は限られている。ここはいったい・・・

S150728gr_05e
バードウォッチングの聖地、三角池じゃあーりませんか

望遠ズームがあれば...と残念に思った。でも仕方ない。今日は自分が撮られる日なのだ。それでも、この場所に遭遇できたのはラッキーだった。ただ、ウワサどおり水は汚くゴミも多い。クロツラヘラサギと思われる鳥がいた場所の背景はコンクリートで固められていた。ここで鳥を美しく撮るには創意工夫が必要かも。

ドラマチックな出会いのあとには過酷な試練が待っていた。2リットルの下剤は余裕で飲みほした。問題は内視鏡検査。美人の看護師に何度もムギューと腹を押さえつけられる。超絶腸モミって感じでかなりエグい。ガンは見つからなかったけど、疲労困憊した。

医師いわく、ねじ曲がっていて難易度の高い腸だという。前回の検査でも難儀したが、その頃より痩せたので今回はさらに大変だったとか。たしかに、受ける側も前回よりきつかった。大腸の検査はもう当分いいやという感じ。

ポリープから採取した組織の検査結果を聞くために、近いうちにまたクリニックへ行くことになりそうだ。そのときは望遠ズームも持参するつもり。でも、あのクロツラヘラサギはもういないだろう。そんな確たる予感がした。

|

« プレミアム・ワイン | トップページ | 首がネック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プレミアム・ワイン | トップページ | 首がネック »