« 探鳥ドライブ | トップページ | 微熱探鳥 »

2015年9月27日 (日)

遠い渡り鳥

9月にはいっても沖縄では夏が続いている。それでも、秋の渡り鳥がちらほら姿を見せるようになった。

最初に気がついたのは、21世紀の森公園を散歩しているときだった。グラウンドの草地にムナグロらしき鳥の群れがいる。バリアングル液晶を使ってローアングルでの撮影を試みた。じりじり近づいていくと、カラスがやってきて群れを追いはらってしまう。そんなことを何度か繰り返すと、ムナグロはどこかへ飛んでいってしまった。

S150913d51_03ee

次の出会いは、羽地内海に沿ってクルマを走らせているときだった。干潟にサギがいるのが見える。遠目で判然としないが、クロツラヘラサギのように見えた。

カメラを持っていなかったので、すぐに自宅へ戻って機材とともに現地へ。が、クロツラヘラサギらしき鳥の姿はすでになかった。なかば予期していたことなのだが。

引っ込みがつかないので、干潟にいるほかの鳥にレンズを向ける。どれも遠すぎた。テレ端300mmの限界をここでもまた思い知らされる。

S150927d51_02ee

野鳥撮影の世界では500mmが標準レンズと言われているとか。たしかに、それくらいは必要かも。500mmの単焦点レンズは価格、重量ともに手に余るけど、500~600mmをカバーする超望遠ズームなら何とか手が届く。

問題は、シグマやタムロンなどのサードパーティ製とニコン純正のどちらを選ぶかということ。焦点距離や価格、性能面でそれぞれ一長一短があるので悩ましい。実物に触れる機会があれば、手にしたときの感触も選択基準になるのだが。

現時点ではニコンの200-500mmに傾きつつある。ただ、シグマやタムロンの競合レンズはテレ端が600mm。この100mmの差がフィールドでの野鳥撮影にどれだけ影響するのか。そのあたりが最終的な判断材料になりそうだ。

S150912d51_04eee
自宅のベランダなら300mmでも全然オッケー
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)ですべて撮影

|

« 探鳥ドライブ | トップページ | 微熱探鳥 »

コメント

鳥撮りレンズは悩ましいですね。単焦点バズーカ砲はスッ高値なので、自分は400単と望遠コンデジの二刀流に落ち着きましたが・・・
純正300単にテレコン付けて綺麗なの撮ってる人も多いようです。

投稿: ANY | 2015年9月30日 (水) 11時21分

本当に悩ましいですね、鳥撮りレンズの選択。ニコンの純正300単+テレコンは機動力抜群でいいですね。当初はこの組み合わせを考えていたのですが、シグマの150-600やニコンの200-500が相次いで登場し、評判も良いため、今ではそちらに関心が移りつつあります。

投稿: tokajar | 2015年9月30日 (水) 13時43分

こんばんは。
いつもブログを読ませていただいている「T里之子」といいます。よろしくお願いします。
僕は、三線がメインの趣味なんですが、カメラも興味があり、いつも読ませていただいてました。
ヤンバルの自然を撮影されていて、見ていて癒されました。僕もそれにあやかって、先日のシルバーウィークに単独キャンプをしながら、ヤンバルのツーリングをしました。(詳しいことは、自分のブログ「小禄らへん」に記載しています。)
実は、父親の影響でカメラに多少興味がありまして、現在ニコンのD7100とD5000とニコンのデジカメを2台ほど所有しています。
自宅が瀬長島近くということで、豊見城の三角になった水場や瀬長島の付近で渡り鳥が寄るとこがあるので、いつか鳥の写真を撮ってみたいと思っていたのですが、なかなか実現していません。そのうちやろうとおもっているので、今後参考にさせていただきます。

投稿: T里之子 | 2015年10月 3日 (土) 21時35分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。ブログ拝見しました。三線は聴くだけですが、独特の音色に癒やされます。スクーターでのツーリングも楽しそうですね。
ニコンのD7100をお持ちなのですね。私は、超望遠ズーム用にD7200を購入したいと思っています。鳥撮りは昨年末から始めたのでまだ初心者ですが、限られたシャッターチャンスをいかにモノにするかという点に惹かれます。南部は野鳥撮影に適した場所が多いし、これから渡り鳥のシーズンなので楽しみですね。

投稿: tokajar | 2015年10月 4日 (日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 探鳥ドライブ | トップページ | 微熱探鳥 »