« 微熱探鳥 | トップページ | ムナグロ・グラウンド »

2015年10月15日 (木)

やんばるのダムへ

微熱探鳥の第2弾は、数年前に完成した新しいやんばるのダム。初訪問なのでどんな鳥と出会えるのか楽しみだ。

途中で羽地内海に寄っていく。お目当てのシギチの姿はなかった。飛びかうツバメにレンズを向けてみたものの、猛スピードで捕捉できない。

S151015d51_09ee
代わりにイソヒヨドリがモデルになってくれた

羽地内海に沿って車を走らせていると、いつもの場所にいつものダイサギがいる。と思ったら、特徴のある採餌アクションに目が吸い寄せられた。クロツラヘラサギだ。

S151015d51_11ee
S151015d51_13ee

まだ遠いあともう少し・・・とにじり寄っていくと、あっけなく飛び去ってしまった。それでも、ねらっていた希少種が撮れて嬉しい。

ダムに着くと、さっそくハクセキレイがお出迎え。サシバだろうか、空には猛禽類が悠然と舞い、湖畔に造られた人工の川にはカワセミの姿も見られた。

脇ダムの下には池があり、鴨が泳いでいる。水辺に近づくと、浅瀬にセイタカシギがいた。

S151015d51_22ee_2
S151015d51_30eeee
S151015d51_31eee
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)ですべて撮影

茶色い動物が対岸を歩いている。すぐに隠れたので写真は撮れなかったが、イノシシっぽい。レアな鳥には出会えなかったけれど、ひそやかな鳥の楽園という佇まい。次は朝早く来よう――そんな気にさせる場所だった。

|

« 微熱探鳥 | トップページ | ムナグロ・グラウンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 微熱探鳥 | トップページ | ムナグロ・グラウンド »