« 鳥撮りレンズ、2代目へ | トップページ | 師走の鳥たち »

2015年11月24日 (火)

新サンヨンで初撮り

購入したNIKKOR 300mm f/4Eの試写を兼ねて近くの公園へ鳥撮りにいく。浜辺にいたサギが最初の被写体となった。

S151123d51_01ee
この写真ではレンズの違いはわからないかも

海辺をさらに歩いていくと、前方に白い鳥が2羽いるのが見えた。1羽はサギ、もう1羽はアジサシっぽい。しかし、あれは夏鳥のはず。近づいてみるとユリカモメだった。

以前住んでいた横浜の湾岸エリアでよく見かけた鳥だ。いつも群れていて、ハトやスズメのように目に馴染んだ存在だった。名護の海辺に1羽でいると、その同じユリカモメが別の鳥のように見える。優雅で美しい。

S151123d51_17ee
S151123d51_19ee

本当はじっくり観賞していたかった。が、ほどなく飛んでいってしまった。

S151123d51_22ee
本日の初撮りはこれにて終了

翌朝、ユリカモメに会いたくてまた公園へ。ビーチの同じ場所にいた。波打ち際をトコトコ歩いている。

S151124d51_03ee

今回も、ちょっと油断しているすきに逃げられてしまった。沖縄の綺麗な海をバックに飛ぶ姿を撮りたかったのに...

S151124d51_11ee
代わりに飛翔中のダイサギを撮る

試写の最後の被写体はムナグロ。背景の玉ボケがタムロンの望遠ズームとは明らかに違う。新サンヨンの玉ボケはカラフルなビー玉を散りばめたようで美しい。

S151124d51_24ee
Nikon D5100 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRですべて撮影

当然ながら画質は良くなった。それが、初撮りでのファーストインプレッション。ただ、それまで使っていたタムロンA005との価格差を考えると、こんなもんかいなという気もしないではない。逆に言えば、A005はそれだけコストパフォーマンスが高いということなのだろう。

とはいえ、綺麗な玉ボケには単焦点ならではの魅力を感じた。もっとアップで撮れば、解像力の違いもハッキリするだろう。短時間の試写を通じて、軽快なシステムを選んだのは正解だったと改めて思った。

|

« 鳥撮りレンズ、2代目へ | トップページ | 師走の鳥たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥撮りレンズ、2代目へ | トップページ | 師走の鳥たち »