« やんばる3種の森へ | トップページ | ローアングルでハト »

2015年11月 3日 (火)

電線の鳥たち

今回もやんばるがターゲット。羽地内海に沿って車を走らせていると、小さな川の岸辺に白いサギがいるのが見えた。

普段ならそのまま通り過ぎていただろう。このときは妙に気になった。すこし先に車を停めて歩いて川まで戻る。サギは首を曲げてじっとしていた。その姿勢では写真を撮れない。しばらく待っても動かないので引き返そうとした。そのときやっと首を伸ばした。

S151103d51_09ee
クロツラヘラサギ。前回よりもフォトジェニックなロケーションで撮影できた

幸先の良いスタートを切ったはずが、目的地のやんばるの森は振るわず、これといった被写体とは出会えなかった。

帰る途中で国頭村の道の駅に寄り、付近の農作地を歩いて探鳥する。水路が何本か通り、鳥がいそうな牧草地もあるのだが、被写体になりそうな鳥には出会えない。サギは何度か目にしたけれど、カメラを構えるとすぐに飛んでいってしまった。

S151103d51_14e
電線に留まるリュウキュウツバメ
S151103d51_32e
同じく電線に留まるカラスの集団

電線以外の鳥を撮りたい。その一念であちこち歩いてまわる。最後に、やっと巡りあえた。

S151103d51_35ee
セッカ。珍鳥ではないけれどこれまで撮る機会がなかった。すこし嬉しい。
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)ですべて撮影

|

« やんばる3種の森へ | トップページ | ローアングルでハト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やんばる3種の森へ | トップページ | ローアングルでハト »