« 中部遠征 | トップページ | アカヒゲに逢いたくて »

2016年2月29日 (月)

2月の名護の鳥たち (2016)

山と海だけが野鳥撮影のフィールドではない。緑地さえあれば市街地の公園も1級の撮影スポット。何より徒歩で気軽に行けるのがいい。同じ場所に通うことで撮影の方針も立てやすくなる。

2月に入ると、近くの公園でビンズイとマヒワを見かけるようになった。マヒワは初見の鳥。群れを作って木から木へとせわしなく移動する。おっとり構えているとすぐにいなくなる。撮影の難易度はけっこう高い。

S160213d55_10ee_3
マヒワ。写真だと大きく見えるが、実際のサイズはメジロほど
S160213d55_07eee_2
ビンズイ。マヒワより出会う確率が高く、撮影もしやすい

ムナグロやサシバ、ハクセキレイにもたびたび遭遇。いずれも渡り鳥だが、滞在期間が長いこともあって、レンズを向けてもすっかりくつろいだ感じ。

S160213d55_44ee
ムナグロ
S160225d55_26ee
サシバ。タカの仲間だけあって近くで見るとカッコイイ
S160225d55_29ee
ハクセキレイ。いつ見ても姿勢のよい鳥

市街地の公園といえば、留鳥の存在も忘れるわけにはいかない。身近な鳥の魅力を最大限に引きだす。それも野鳥写真の愉しみのひとつかもしれない。

S160215d55_01ee
コゲラ
S160216d55_02ee_2
ハシブトガラス
S160217d55_05ee
ウグイス。よく見ると銀色の足環が付いている
S160225d55_03ee_2
シロガシラ
S160225d55_05ee
シジュウカラ
S160225d55_14ee
メジロ
Nikon D5500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRですべて撮影

|

« 中部遠征 | トップページ | アカヒゲに逢いたくて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中部遠征 | トップページ | アカヒゲに逢いたくて »