« 1月の名護の鳥たち (2016) | トップページ | 冬の東京探鳥 »

2016年2月 2日 (火)

リュウキュウサンショウクイ

珍鳥というわけではない。かといって狙って撮れるほど多くはない。出会えると嬉しいし、撮りがいも感じる。が、なかなか思うように撮らせてくれない。自分にとってリュウキュウサンショウクイはそんな鳥だ。

最初に目撃したのは名護岳の山麓だった。黒と白のシックで端正なたたずまい。遠くて満足のいく写真は撮れなかったが、印象に残る出会いだった。

帰宅してネットで調べて、サンショウクイという名前であることを知る。しかし、主食はクモや昆虫で山椒の実を食べるわけではないらしい。

その後、アカヒゲを求めてやんばるへ行ったときにも何度か見かけた。写真もそれなりに撮ったのだが、背景がうるさかったり枝かぶりだったりと、会心の1枚には縁がないまま今に至っている。

S160116d55_12eelr
S160116d55_14eelr
S160116d55_16eelr2
Nikon D5500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRですべて撮影

|

« 1月の名護の鳥たち (2016) | トップページ | 冬の東京探鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月の名護の鳥たち (2016) | トップページ | 冬の東京探鳥 »