« リュウキュウサンショウクイ | トップページ | メジロといえば... »

2016年2月 9日 (火)

冬の東京探鳥

2月上旬に法事で東京の実家に帰省した。実家があるのは埼玉県に隣接するエリア。家の裏手にはきれいな川が流れており、川沿いの遊歩道は鳥見散歩にうってつけだった。

穏やかに晴れた日、野鳥を求めて川沿いの道を歩く。川の岸辺には木々が茂り、草地が広がっているところもある。東京郊外の住宅地にしては恵まれた自然環境だった。

野鳥も多い。数で圧倒しているのはムクドリとヒヨドリ。アオジやアカハラなど、沖縄では見る機会の少ない鳥もいた。

S160203d55_02ee
アオジ
S160203d55_26ee
モズ(♂)
S160203d55_11ee
モズ(♀)
S160203d55_48ee
ヒヨドリ
S160208d55_57ee
アカハラ
S160205d55_38ee
マガモ

翌日、バスに乗って小金井公園へ行く。園内はかなり広く、さまざまなエリアに分かれていた。花を咲かせている梅林もあれば、芝生の広場もある。鬱蒼とした森の先にはひっそりと佇む池があった。それぞれの場所にはふさわしい野鳥の姿が・・・。

S160204d55_36ee
メジロ
S160204d55_28ee
シジュウカラ
S160204d55_53ee
ツグミ
S160204d55_54eelr
ヤマガラ
S160204d55_60ee
カワセミ

最後に訪れたのは石神井公園。ここの三宝寺池は都内でも知られた探鳥スポットらしい。とても寒い日だったが、多くの人が野鳥を撮りに訪れていた。

S160208d55_09ee
ジョウビタキ
S160208d55_16ee
カワウ
S160208d55_18ee
アオゲラ

アオゲラを撮れたのは収穫だった。初めて目にする鳥。形や大きさはノグチゲラに近いかも。イカルの目撃情報を得ていたのでそちらを期待していたのだが、予期せぬ出会いもまた楽しい。

冬の東京は鳥が多い。それが今回の率直な印象。ただ、探鳥スポットでは野鳥のカメラマンも多かった。公園のジョウビタキに皆がいっせいにレンズを向けているのを見て、モデルの撮影会のようだと思った。その一方で、探鳥を通じて互いに顔馴染みになり、鳥の情報をやりとりできることをうらやましくも思った。

今回の上京で唯一の心残りはルリビタキに会えなかったこと。とはいえ、やんばるの山中でひょっこり遭遇しないともかぎらない。探鳥には思いがけない出会いが付きものだから。

S160204d55_68ee
Nikon D5500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRですべて撮影

|

« リュウキュウサンショウクイ | トップページ | メジロといえば... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リュウキュウサンショウクイ | トップページ | メジロといえば... »