« 夏の海鳥といえば・・・ | トップページ | アジサシ連写 »

2016年5月31日 (火)

エントリーからフラッグシップへ

Nikon D5500を購入してそろそろ半年。新サンヨンと組み合わせることで、小型軽量の強みを野鳥撮影で存分に発揮してくれた。ムナグロなどのシギチ類では、バリアングル液晶を使ったローアングルの撮影が効果的だった。

しかし、最近になって野鳥撮影のフィールドがやんばるの森へ移り、アカヒゲがメインターゲットになると、AF機能をさらに強化したいと思うようになった。たとえば、暗い場所でのAF精度。特にテレコン使用時には、暗所でAFが迷うケースが増えた気がする。

D5500のAFモジュールはマルチCAM4800DX。D7000に搭載されていたものだ。一方、D7200のAFモジュールはD750と同じアドバンストマルチCAM3500II。ネットでの評判もよく、かなり優秀らしい。AFの性能を比べると明らかにD7200が有利なのだが、残念なことにバリアングル液晶は付いていない。

そんな折、ニコンからAPS-Cの新たなフラッグシップが発売された。Nikon D500である。チルト式液晶を装備したため、ローアングルでの撮影が可能。AFモジュールはD5と同じマルチCAM20K。ほかにも10コマ/秒の高速連写、自動AF微調整、優れた高感度特性など、野鳥撮影に適した機能がテンコ盛りとなっている。

求める条件はすべてクリア。とはいえ、発売から1カ月しか経っていないため、価格の高いことがネックだった。半年ほど待って2~3万下がってから購入するか、今すぐ買って繁殖期のアカヒゲやノグチゲラを最強のAFで撮りまくるか。

目を瞑ると、アカヒゲの尾っぽをピョンと上げたポーズが脳裏に浮かぶ。耳を澄ますとフイッフイッというノグチゲラの特徴のある鳴き声が聞こえてきた。そのいずれもがワタシを撮って、今すぐに!と訴えていた。

S160708d4_01
えいやーと購入したNikon D500

S160708d51_01e
左のD5500より約400g重い。その重さが頼もしく感じるから不思議なものだ
S160708d51_02e
バリアングルとチルト、使いやすいのはどっち?
S160708d51_03e
左肩のモードダイヤルと丸いファインダーがかっちょいい(接眼目当て(DK-19)とアクセサリーシューカバー(BS-3)を装着)

 D50、D40、D5100、D5500とニコンのエントリークラスのデジイチをこれまでずっと使ってきた。風景写真であれ、花や虫のマクロ写真であれ、機能面で特に不満を感じることはなかった。

それが野鳥写真になると、カメラ、レンズともに要求されるスペックが一挙に跳ね上がった。カメラやレンズの性能によって写真の出来映えが大きく左右されるので、よりマシな写真を撮ろうと思えばより良い(高い)カメラやレンズが欲しくなる。

鳥の写真を始めると財布に羽が生えて飛んでいくみたいな話を聞くけれど、本当だった。

|

« 夏の海鳥といえば・・・ | トップページ | アジサシ連写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の海鳥といえば・・・ | トップページ | アジサシ連写 »