« 秋の渡り鳥Ⅱ | トップページ | ライファーを求めて »

2016年11月10日 (木)

ムナグロの季節

季節感が乏しい沖縄。それでも、渡り鳥が秋の到来を教えてくれる。群れをなして海辺の公園に飛来するムナグロもそのひとつ。

最初に見かけたのは9月下旬だった。5カ月ぶりの再会。芝生のグラウンドに数羽のムナグロが群れていた。

群れが大きくなって公園の人間にも慣れてきたら、ローアングルでじっくりねらうつもりだった。その後、名護岳へ探鳥に行くことが多くなり、公園のムナグロは意識の片隅に追いやられていた。

11月上旬、久しぶりに海辺の公園へいく。最初に迎えてくれたのはムナグロではなくモズだった。

S161110d500_16ee
シマアカモズ(♀)

お目当てのムナグロはビーチ近くの芝生にいた。滞在が長くなり、公園にもだいぶ馴染んできたのだろう。群れがばらけて単独で歩きまわっている。

S161110d500_47ee
S161110d500_49ee
S161110d500_58ee
S161110d500_60ee
S161110d500_68ee
S161110d500_69ee

D500に装着したアイカップがチルト液晶の邪魔になる。チルトを使うときはアイカップのゴムを平らに反転させ、チルトの収納時に元に戻す必要がある。D5500のバリアングルのほうが使いやすいと思った。慣れの問題もあるのだろうが・・・。

適度な起伏があり、芝生や樹木、池、ビーチと変化に富んだロケーション。海辺の公園は野鳥の撮影フィールドとしても大きな可能性を秘めている。それでも、最近はなかなか足が向かない。

公園の鳥見散歩を朝の日課にするのはどうだろう。名案かもしれない。目的があれば早起きも辛くない。たぶん・・・

S160920d500_26ee
鳥見散歩用に軽くて望遠の利くマイクロフォーサーズが欲しいかも
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

|

« 秋の渡り鳥Ⅱ | トップページ | ライファーを求めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の渡り鳥Ⅱ | トップページ | ライファーを求めて »