ネイチャーマクロ

2008年8月20日 (水)

リトルニコン

デジカメの世界は日進月歩。愛用しているNikon D50もスペック的には古くなった。が、ホールド感が良く、画質も優れているので手放す気にはなれない。

一方、タムロンのマクロレンズが戦列に加わり、それまでメインだったニコンの高倍率ズームと併せて2本体制となったため、マクロ専用の一眼レフが欲しくなってきた。

マニュアルでのピント合わせを考えると、ファインダーの優れたNikon D80かその後継機が望ましい。ただ、D80は高感度がイマイチ。後継機では改善されるだろうが発売後しばらくは値段が高い。手が届く価格になるまでしばらく待つことになるだろう。

それでもいいかと思っていたら、価格.comでNikon D40のレンズキットが4万円を切っている。このレンズキットの標準ズームは値段のわりに写りがいいと評判だ。手元にあるシグマの標準ズームもコストパフォーマンスは高い。でも、逆光でフレアが出やすいという欠点がある。

D40にも魅力を感じていた。小型軽量で高感度に強く、画質も優れているとか。610万画素だが印刷せずにパソコンのモニタで見るだけなので十分、むしろ望ましい。

スペック的にも及第点。D50と比べるとファインダー倍率は0.75倍から0.8倍へ、液晶は2インチから2.5インチへとそれぞれアップしている。検討のすえ、タムロン用にD40を購入することにした。だって安いんだもん。

今日の午前中に届く。午後、タムロンの272Eを装着して近くの公園へ。ワクワクするぜ。

小型軽量化のせいでホールド感はイマイチ。液晶はD40のほうが大きくて見やすい。慣れの問題もあるが、上部に液晶パネルがあるD50のほうが操作性はよい。マニュアルでのピント合わせはD40に軍配か。D50と比べてプラス面とマイナス面が交錯している感じ。

Sdsc_0092ee
S080820d4_014tee 
Sdsc_0292te 

今回の撮影では全体に露出がオーバー気味でマイナスの露出補正を必要とした。こうしたカメラの癖は使い込むうちに明らかになり、自然に対応できるようになるだろう。

こうしてデジイチのラインナップに"リトルニコン"が加わった。キットレンズの標準ズームも早く試してみたい。

| | コメント (0)

2008年6月28日 (土)

多野岳山頂へ

名護の周辺には自然観察に適した山がいくつかある。なかでも名護岳と多野岳はクルマで容易にアクセスできるため、暑い季節にはありがたい。ホテル・タニューがある多野岳は山頂まで立派な道路が延びている。

昨年の5月に訪れたとき、ホテル・タニューの裏にある散策路でチョウを撮ったことを思いだした。山頂なので眺めもよい。景色を楽しみながら、チョウが舞う小道を久しぶりに歩いてみたくなった。

最近、タムロンのマクロレンズのピント合わせがうまくいかない。マニュアルでの微妙なピント合わせには集中力が欠かせない。暑さのせいでそれが散漫になっていた。

マニュアルでピントを合わせなくても済むように、ニコンの18-200mmズームを持参する。チョウやバッタなどの大きな虫ならこのレンズでも十分だ。むしろ、こちらのほうが使いやすい。

土曜日のせいか、山頂の駐車場はいつになく混んでいた。ホテルの裏側にある散策路へ下りていく。道は雑草で覆われ、歩くたびにバッタが跳ねる。黄色い花の間をツマグロヒョウモンが飛び交っていた。

S080628n_016te
ツマグロヒョウモン
S080628n_013te
アカアシホソバッタ

S080628n_032te
オキナワクワゾウムシ

途中に何箇所かある、木が伐採された場所で樹海の眺めを楽しみながら散策路をぐるっと巡り、ホテルへ戻る道にはいる。しばらく進むと行き止まりになっていた。道路脇の倉庫には廃品が散在している。中を覗こうとすると、倉庫番のようなクモが行く手を阻んだ。

S080628n_035te
サルの顔のようにも見えるユーモラスなクモ

チョウの種類はイマイチだった。でも、オートフォーカスでサクサク撮れるので気分がいい。手振れ防止機能も効果的だった。

今日の活躍でタムロンに奪われていた主役の座をふたたび射止めたニコンの高倍率ズーム。ただし、夏季限定という条件付きかもしれないが・・・。

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

アジサイの園

沖縄にもアジサイの名所があるという。場所を調べると名護から近い。名称は「よへなあじさい園」というらしい。

ホームページで写真を見ると、青いアジサイが山の斜面を埋め尽くしている。ヒカゲヘゴとアジサイの組み合わせが亜熱帯の沖縄らしい。ここしばらく主役の座を占めていたタムロンのマクロレンズをVR 18-200mmズームに付け替えてアジサイの写真を撮りにいく。

季節限定なので平日でも人が多い。咲き誇るアジサイは見事だった。ただ、ピークは過ぎているようで、すこし色が褪せていた。休憩所の人が「先週は倍くらい色が濃かった」と話している。残念!

S080616n_030eS080616n_011ee
フォトレタッチソフトで1週間前のアジサイを再現(?)

Sdsc_0250eeee

アジサイのほかにもさまざまな花が植えられていた。花の色が多彩で楽しめる。アジサイのオマケという域を超えていた。

S080616n_039
コスモス
S080616n_038
トウワタ
S080616n_035te
トウワタを食草とするカバマダラ

花が多ければ虫も集まる。本日の収穫はヨツスジトラカミキリ。そこそこ大きいので18-200mmの高倍率ズームでもなんとか収まった。

Sdsc_0105teS080616n_022tee
ヨツスジトラカミキリ
Sdsc_0140te
キスジホソヘリカメムシ

園内の小径を上ったり下りたりすること1時間半。湿気と暑さでグッタリする。昆虫用にマクロレンズも持参したのだが、交換するのが面倒になり、結局使わなかった。

これからいよいよ夏本番。屋外での撮影は短期決戦で臨むしかなさそうだ。

| | コメント (2)

2008年6月11日 (水)

県民の森を歩く

今週もすでに半ば。仕事がくる気配はない。これが冬なら喜々として山歩きに励むところだが、さすがにちょっと蒸し暑い。ハブも恐いし・・・。

その一方で、写真を撮りたくてウズウズしていた。マクロという未知のフィールドをもっと極めたい。週間予報によると、明日からしばらく雨の日が続くらしい。沖縄の天気予報はアテにならないけど、予報を口実に出かけることにした。

問題は行き先だ。マクロの天敵の強風が吹いている。風を避けられる場所で適度に日陰があるところ。

恩納村の県民の森が候補に浮かんだ。ルートのひとつに「渓谷コース」があり、小川に沿って遊歩道が整備されている。谷間なので風の影響を受けにくい。密生する樹木が日差しも遮ってくれる。

国道58号を南下し、安富祖の信号を左折して県民の森へ。家から30分もかからない。県民の森には海の眺めが見事な熱田岳に登るコースもあるが、今日はマクロ撮影が目的なので「渓谷コース」のサインに従って谷へ下りていく。

遊歩道は歩きやすく、沿道の木にはペンキ(?)で名前が書かれている。すこし無粋な気もするが、木の名前がすぐにわかるのはいい。

予想どおり、山の斜面が風を防いでくれた。でも、そのぶん蒸し暑い。湿気が多いせいかキノコもたくさん見かけた。が、求めるイメージのキノコは見当たらない。虫ではナナフシやササキリに遭遇した。

S080611n_018eS080611n_019e
ササキリの幼虫。成長すると緑色になる。

S080611n_012teS080611n_009te
エダナナフシ。遠目には木の枝のように見える。

S080611n_006tee
シマササグモ

遊歩道が沢から離れ、登りに転じる地点で引き返す。自然散策を楽しむには少々湿気が多すぎた。ただ、コース自体の雰囲気は悪くない。亜熱帯の森を手軽に体験できるお薦めのコースといえるかもしれない。

S080611nc_001e
恩納村・県民の森の渓谷コース

| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

マクロの楽園

マクロ写真のいいところは、身近な場所で自然の神秘に触れられること。ハブの襲撃に怯えながら山に分け入らなくても、近くの公園や空き地に被写体があふれている。

とはいえ、撮影に専念できる場所は限られる。静かで人が少ない場所が望ましい。対象となる虫や花の種類が豊富だともっと嬉しい。

海洋博公園にある熱帯・亜熱帯都市緑化植物園は、お気に入りの撮影スポットのひとつ。家からクルマで30分ほどの距離。入園無料なので公園感覚で利用できる。

前回訪問したときは18-200mmズームしか持っていなかった。トンボやチョウなら問題ないが、小さな虫はアップで撮れない。このときの体験がタムロンのマクロレンズの購入につながった。

前回も撮ったアカスジカメムシを同じフェンネルの花で見つけた。にじり寄ってバチバチ撮る。ちょっとイイ気持ち。

S080608n_051teS080608n_054e

前回、カメムシとテントウムシの写真を撮ったトウワタにはカバマダラの幼虫がとまっていた。赤い蕾をムシャムシャ食べている。

S080608n_041te

2カ月ぶりの訪問なので、花の顔ぶれも変わっているようだった。鮮やかな色彩にレンズが引き寄せられていく。

S080608n_015teS080608n_028eS080608n_022te

S080608n_037e

あっという間に2時間が過ぎていた。この季節になるとさすがに暑い。集中力も途切れてきたので日陰で休むことにした。園内には三線のBGMが流れている。

マクロレンズで虫たちとの距離は縮まった。同時に、ピントとの闘いも始まっていた。対策はとにかくたくさん撮ること。ヘタな鉄砲も数撃てば当たる(こともある)のだ。

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

気分はスパイラル

今週は仕事にあぶれてしまった。火曜スタートの仕事が予定されていたのだが、クライアントのゴーサインが下りないという。そのままズルズルと金曜に至った。なしくずし的にキャンセルという結末を迎えるのかもしれない。

セミリタイア暮らしを実践するために沖縄へ来たので、仕事が少々途切れても抵抗はない。ただ、宙ぶらりんの状態で仕事を待ち続けることに疲れてしまった。

金曜日、近くの公園へ写真を撮りにいく。昨日、一昨日と連絡はない。きっと今日もないだろう。仕事のメールは携帯に転送されるので、あえて自宅で待つ必要もない。

午前中なので公園は閑散としていた。例によってタムロンの272Eを持参。花畑で虫やクモを見つけて写真を撮る。いつものようにマニュアルでピントを合わせ、雨あられとシャッターを押す。

S080605n_022e
タイワンハネナガイナゴ
S080531n_008te
ホソハリカメムシ
S080531n_031e
ホシスジオニグモ

遊歩道に沿って虫を探していると、生け垣の植物の茎が螺旋を描いているのに気がついた。肉眼では絡まった糸のようにしか見えないが、マクロレンズを通すと強靱なバネのように映る。

S080606n_009eS080606n_013e

S080605n_018te

撮影に熱中していると雨が降ってきた。小走りに駐車場へ向かう。自宅へ戻り、撮影した写真をパソコンで表示する。生け垣の植物を撮った写真に惹きつけられた。

グルグルと執拗に螺旋を描く茎。見えない力で封印され、自由を奪われているようにも見える。自然の一部を切り取ったマクロ写真に、自分の心象風景がそのまま映し出されているような気がした。

| | コメント (0)

2008年5月26日 (月)

アオモンイトトンボ

部屋の掃除は週に1度。洗濯も週に1回。どちらも日曜日の午前中と決めている。洗車も週に1回くらい。といっても本格的なものではなく、水をたっぷり付けた洗車用タオルで拭くだけ。こちらは日曜とは限らず、ウィークデイのこともある。

お手軽洗車は公園の駐車場でやることが多い。洗車を終えてひと息つくと、あとはデジカメ散歩タイムとなる。

季節柄、近くの公園でもさまざまな虫を観察できる。最初に見つけたのがアメリカンブルーの花にいたカタツムリ。花の青と好対照で映えるのだが、ピントがなかなか合ってくれない。もっと粘りたかったが、にわか雨で一時退却を余儀なくされる。戻ると居なくなっていた。

S080526n_002e

次に見つけたのがアオモンイトトンボだった。しかもハデに交尾中。行為に夢中なのか、近づいてバシバシ撮っても一向に動じない。

S080526n_019te

   S080526n_020te
     青いのが♂、赤いのが♀

鬼のように何度もシャッターを切ったのに、まともにピントが合っているのは数枚しかなかった。やっぱり、ファインダーの良いカメラ(D80またはD90?)を買うしかないか。道楽にはカネが要る。デジカメにハマればハマるほどそう痛感する今日この頃・・・。

| | コメント (0)

2008年5月24日 (土)

キノコを探して

マクロレンズの被写体といえば花と虫。もうひとつ気になる存在があった。キノコである。マツタケのように大きくてぼってりしたものではなく、細くて優美なキノコ。どこへ行けばそんなキノコに出会えるだろうか。

名護中央公園のGゾーンにあるハイキングコースが頭に浮かんだ。シダやヒカゲヘゴが茂り、亜熱帯の森のムードが濃厚な自然散策路だ。キノコの生育場所となる倒木や切り株も見かけたような気がする。

名護青年の家にクルマを停めてハイキングコースへ向かう。初夏の季節を迎えて、沿道は生き物の気配に満ちていた。

倒木や切り株もあるが、生えているキノコは傘がぼってりと厚く、求めるイメージとはほど遠い。平坦だった道が急登に変わる地点でキノコ探しを諦めて、帰り道は虫撮りに徹することにした。

S080524n_008e
ウバタマムシ
S080524n_009e
エダナナフシ
S080524n_006e
オキナワヘリグロツユムシ
S080524n_013te
ザトウムシ
S080524n_018te
エイリアンのような顔をしたクモ

この道はシダの観賞ポイントでもある。ヒリュウシダの新芽は鮮紅色でとりわけ美しい。

S080524n_002te

   S080524n_014e

結局、キノコ撮りは適わなかったが、いろいろな虫と出会えたので楽しめた。キノコもこのままでは終わらせたくない。いつか思わぬ出会いが待っているような気もするんだけど。

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

街中マクロ散歩

市街地を散歩していると、ゴージャスな花の群れに思わず足を止めてしまうことがある。街のあちこちでちょっとしたスペースに花が植えられている。花の無人販売所も見かけるし、沖縄の人は本当に花が好きなんだなぁと思う。

眺めるだけでも十分に楽しいけど、見るだけではもったいないと思うときもある。そんなときは、デイバックからコンパクトデジカメを取りだして写真を撮る。散歩中のひとこまとしてはそれで十分なはずだった。

ところが、タムロンの272Eを買ってからは道端の花もマクロのターゲットに・・・。夕方の小一時間を利用して、街角の見慣れた花にズズイと寄っていく。

問題は、大きなレンズの一眼レフは街中で人目を引くこと。学校帰りの小学生の女の子に「何を撮っているのですか?」などと礼儀正しく聞かれたりする。

デジカメの液晶画面を見せようとすると、一瞬、後ずさりした。結局、Nikon D50の小さな液晶ではイメージが伝わらない。おじさんは、真っ赤なグラジオラスを撮っていたのですよ。

S080520n_008tne

| | コメント (0)

2008年5月11日 (日)

未知なる惑星

タムロンのマクロレンズ(272E)を購入してからマクロ撮影にハマっている。対象にぐっと近づくことで、見慣れた花や虫が驚きの色と形で迫ってくる。近所の公園はレンズ1本で未知なる惑星に変貌してしまった。

沖縄は花の島だ。山でも街中でも一年中花が絶えることがない。美しい花をみると、272Eで撮った姿をつい想像してしまう。ついでに虫がいないか調べたりもする。ふだんは気にもとめない小さな虫が、クローズアップすることで魅力的な表情を帯びてくる。

花と虫を求めて21世紀の森公園を歩いてみた。グラウンドの近くにマリーゴールドの花畑が広がっている。花びらをよく見ると可憐なバッタの姿が・・・。

S080505n_025_ditedS080505n_018

肉眼では何の変哲もない虫や植物がマクロレンズの格好のターゲット。魅力的な被写体を求めて思いつくままにレンズを向ける。

S080505n_036_editedS080505n_042t

後日、さらなるターゲットを求めて名護中央公園へ向かう。マクロ撮影は今日で3回目。課題のピント合わせもだいぶ慣れてきた。マニュアルでピントを合わせてから体を前後に動かし、バシッとピントが合った瞬間にシャッターを押すのがコツみたい。

道端のベゴニアの花にバッタがいた。花に覆い被さるようにしてシャッターを切る。何を撮っているのか不思議に思ったのか、スピードを落としたクルマがゆっくりと傍らを通り過ぎていく。おじさんはこんな世界を覗いていたのだよ。

S080509n_039_editedS080509n_041_edited

| | コメント (0)

より以前の記事一覧