カヤックフィッシング

2015年6月29日 (月)

悦楽と報酬の狭間

翻訳の仕事が減るにつれて、新たな収入源を模索するようになった。とはいえ、この期に及んでシンドイことはしたくない。アラフィフを過ぎてまもなくアラカンの仲間入りを果たそうというのだから。

芸は身を助けるという。好きなことをして金が入ればそれに越したことはない。思い浮かんだのはカヤックフィッシング(KF)と写真だった。

以前、飲み屋で知り合った料亭のオーナーに趣味はカヤックフィッシングだと告げたことがある。タマンやアカジンが釣れると話すと、うちで買い取ってもいいと言われた。そのときもらった名刺も探せばあるはずだった。

趣味のKFからサイドビジネスのKFへ。その転換を脳内でシミュレートしてみた。まずカヤックを13フィートの足漕ぎカヤックに買い替える。航行性能はこれで大幅にアップ。さらに海図を入手し、魚探とGPSを駆使して沖合の根をピンポイントで攻める。釣れた魚は大切な商品。神経締めと血抜きをバッチリやって鮮度を保つ。でかいクーラーは必須だ。

想像していくうちに胃のあたりがどんより重たくなってきた。高値で売れる獲物を求めて出漁する――航行性能は良くなっても、カヤックで海に浮かぶ楽しみは奪われるだろう。自分が自分でいられる神聖な空間を失うような気がした。

写真はどうか。ストックフォトのGettyimagesで写真を売らないかというメールがFlickr(写真共有サイト)から届いたことがある。手続きが面倒そうなのでヤメたのだが、ストックフォトでの写真販売は検討する価値がありそうだった。

問題は、ここでも楽しみと報酬がトレードオフの関係になりやすいこと。自分が撮りたい被写体(作品)からストックフォトで売れる被写体(商品)に軸足を移すことを余儀なくされる。

それでも、使用される媒体をイメージしながら撮った「商品」が売れれば新たなやりがいを見いだせるかもしれない。「商品」路線を維持しながら自分の「作品」を撮り続けていくこともできるし、その「作品」がストックフォトや電子出版を通じて「商品」にならないとも限らない。海外のストックフォトなら市場は世界規模に拡大していく。

写真は新たな収入源となる可能性を秘めている。でも、それは長い目でみた話。それなりの金額を稼ぐには大量の写真をストックしなければならないため、長期的なスパンで取り組む必要がありそうだ。

結局、時間や労力を考えると取引先を広げて翻訳で稼ぐのが一番確実か。翻訳者は翻訳の仕事に精進しましょうねというオチでした。

S150517d51_13e

| | コメント (2)

2015年5月 3日 (日)

Kayak on Hustler

雨漏りのためにディーラーに預けていたハスラーが帰ってきた。各ドアのウェザーストリップを交換したとのこと。効果のほどは梅雨入りしてみないとわからない。とりあえずカヤックを載せて海へ行くことにした。昨年の10月以来、半年ぶりのカヤックフィッシング。

旧規格のパジェロミニと比べるとハスラーはサイズが大きい。荷物を載せる車内スペースは広くなったが、クルマを変えたことで不都合な面もでてきた。

たとえばバックドア。横開きだったパジェロミニに対し、ハスラーは上開き。水平よりも高く上がるため、ルーフ上のカヤックと接触する。そのため、カヤックを載せたあとに物を出し入れするときは、サイドの後部ドアを使うか、片手でバックドアを押さえながらやる必要がある。開閉の向きが異なることは完全に意識から抜け落ちていた。

カヤックの積み下ろしもやりにくくなった。パジェロミニのようにバックドア側からカヤックを頭上に持ち上げて載せようとすると、ルーフキャリアの位置が遠くてやりずらい。結局、サイドの後部ドア側からカヤックを積み下ろすことに・・・。

出艇場所に着くと風はほとんどない。海面はのっぺりと澱んでいる。鯛ラバで攻めるがアタリはまったくない。時間だけがトロトロと過ぎていく。

足漕ぎのカヤックが近づいてきた。挨拶を交わして情報交換。やはりアタリはないという。なーんだ、自分だけじゃないんだと嬉しくなる。それにしても足漕ぎカヤックの速いこと。ちょっと欲しくなってきた。

正午ちかくになってイシミーバイをゲット。これでなんとかボーズは免れた。

S150502w6_03e

半年ぶりのカヤックフィッシング。海に浮かべるだけでシアワセ。釣果は二の次とはいえ、ドラグが鳴る音を聞かずに終わるのはやはり淋しい。

大きく場所を変えて、以前イヌバーを釣ったポイントへ向かう。インチク数投目にアタリ。ドラグを鳴らしてラインが出ていく。タマンかと思ったが、後半の抵抗がよわい気がした。浮いてきたのは赤い魚。またしても犬婆・・・と思ったら。

S150502w6_05e_2
アカジン、50cm

今日はリリースの予定だったけれど、海面に浮かんだままなので持ち帰ることにした。

本日の釣りはこれにて終了。多少の試行錯誤はあったものの、カヤックを載せたハスラーに違和感はなかった。マイ・カヤックフィッシングの新たな幕開けという感じ。すこし嬉しい。

S150503gr_01e
アカジンは刺身と煮付けで舌鼓

| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

最終到達地

趣味の世界は多様で奥深い。たとえば釣りと写真。始めたのはいずれも小学生の時だった。それから半世紀近く経った今でも、この2つとは縁が切れない。というより、沖縄に来てからヒートアップした気がする。

釣りは川で覚えた。高校生になると、未知の大物を求めて海へ向かった。大学に入ると世界を旅することに関心が移り、釣りはしばし中断。就職して仕事に慣れるとふたたび海へ。

この頃に熱中したのが堤防での落とし込み釣りと手漕ぎボート釣り。落とし込みのターゲットはクロダイ(チヌ)なのだが、フィールドが東京湾ということもあって釣果はイマイチだった。

それでも、海中に沈んでいく道糸の動きでアタリをとる落とし込み釣りはおもしろかった。道糸の動きを見つめ続けることで自分が無になっていく。いま思うとあれは一種の瞑想体験だったのか。

手漕ぎボートの海釣りでは四季折々の多彩な釣果が得られた。なにより、自分が船頭になって好きな場所に移動できる開放感がたまらない。この手漕ぎボートの体験が沖縄でのカヤックフィッシングの道を拓くことになる。

一方の写真は途中のブランクが長かった。カメラが好きというよりSL(蒸気機関車)が好きで始めた写真だった。高校に入ってSLが全廃されると、興味を持てる被写体は何も思い浮かばなかった。それだけSLへの思い入れが強かったのだろう。そのあと30年間、コンパクトカメラで記念撮影することはあっても、写真にのめり込むことはなかった。

写真を本格的に再開したのは沖縄に来てからだ。沖縄の風景はエキゾチックで写欲をそそる。名護は海と山に恵まれた土地なので、気がつくと自然が主な被写体になっていた。山に登れば植物を撮り、カヤックでは釣った魚を撮った。花や昆虫のマクロ写真にハマったこともある。

そして、いま夢中なのは野鳥の写真。晴れると鳥撮りに行きたくてウズウズする。野鳥を撮るのは難しいけれど、それが魅力でもある。限られたシャッターチャンスをいかにモノにするか。40年の時を経て、SLに代わる写真のテーマにようやく巡り会えた気がする。

カヤックフィッシングと野鳥写真。この2つに共通するキーワードは「自由」。自らパドルを漕いで海を進むことで行動の自由を謳歌し、空を飛ぶ存在である鳥の一瞬を捉えることでイメージとしての自由を表現する。

自由を表現するには高性能なカメラとレンズが欠かせないことも分かってきた。老朽化したクルマの買い替えも控えているし、今年はココロを入れ替えて仕事しましょうね。

S141227d51_30eee
KF(Kayak Fishing)とBS(Bird Shooting)。結局、そこにゆきついたか...
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)で撮影

| | コメント (0)

2014年10月20日 (月)

巨魚の岩屋

まだ暗いうちに起きてカヤックフィッシングの準備にとりかかる。10月下旬。例年なら鯛ラバからテンヤに釣法を変える頃だが、鯛ラバとインチクの2本立てで攻めることにした。

鯛ラバで釣りを開始。ほどなく小振りのオジサンをゲット。

S141020w6_03e

その後、すこし沖の水深50Mラインを目指す。下げ潮がそろそろ効き始めたなと思ったらアタリ。

根掛かりのようにビクともしない。すこし間を置いて猛然とダッシュする。が、ロウニンのように長くは走らない。止まるとテコでも動かなくなる。しばらくするとまたドラグをかき鳴らしてダッシュ。

今までに味わったことがない重量感だった。これを捕ったら自己記録更新は間違いない。とはいえ、PE 0.8の細仕掛けなので無理はできなかった。

時間をかけてじっくり仕留めようと腹を決めた。ヤツはまた悠然と走りだす。凄みのあるイブシ銀のような引き。一呼吸おいてフッと竿先が軽くなった。しばし呆然。その一方でコイツは無理だわと観念した。

回収した仕掛けをチェックする。切れたのがリーダーとの接続箇所なのか、そのもっと上なのかはっきりしなかった。根に潜られてPEラインが岩で擦られたような気もするのだが。

以前にもその周辺で大きなアカジンやイヌバーを釣ったことがあった。大きな根があってハタ系の大物が潜んでいるのかもしれない。

確実に大物を仕留めようと思えば、仕掛けを太くする必要がある。根の場所を特定するために魚探もほしい。巨魚への憧憬とシンプルで軽快なKF志向が頭の中でせめぎ合う。

そのあとはバラシが続いて魚の顔をなかなか拝めない。やっとガッチリ針がかり。引きが強いのでタマンだと思ったが、浮かんできたのは白いサカナ。

S141020w6_04e
サザナミダイ 40cm

波が高くなってきたので早めに帰岸する。パドルを握る手のひらに逃した大物の重厚な感触が蘇る。あいつの正体は何だったのか。もしかして、またしても犬婆・・・。

| | コメント (4)

2014年9月29日 (月)

犬婆の呪い

9月下旬。かつてのフィールドだった東京湾では青物系の回遊が多くなり、手こぎボート釣りの最盛期を迎えていた。

が、ここ沖縄のマイ・カヤックフィッシング・フィールドでは秋の恩恵をほとんど感じない。丸々と太ったサバも釣れないし、パワフルな引きのイナダも回ってこない。

イマイチ張り合いがないのだが、海上を吹き渡る風は涼しくて心地よい。気がつくと釣り支度を始めていた。特に何をねらうというわけではないけれど。

今日も下げ潮の時間帯がターゲット。最近購入した50gの鯛ラバで釣りを開始する。風がよわく海は穏やか。潮もあまり流れていない。

アタリはあったが、針がかりが浅くてバレてしまった。そんなことを何度か繰り返しているうちに午前中は過ぎていく。

陸寄りの根が多いエリアに移動してタマンをねらう。ほどなく当たり。今度はガッチリとかかった。

ドラグを鳴らす力強い引き。最初はタマンだと思った。途中から何かヘンだと思う。パワフルな引きは影を潜め、重いだけの感触。もしかして・・・。

S140929w6_02
イトヒキフエダイ(イヌバー)50cm

シガテラのことは心配しなくてもよさそうなサイズだった。それでもリリース。あまりポピュラーな魚ではないはずなのに、今年は遭遇率がやけに高い気がする。

東から北寄りに風向きが変わる。風に吹かれてユルユルと沖へ流されていく。潮止まりの時間が近づいていた。シーアンカーを使わずに80gのインチクで釣りを続ける。

そろそろ来るなと思いはじめたときにヒット。大物の感触だったが、あえなくバレてしまった。その数分後にふたたびヒット。今度は乗った。

けっこう重量感がある。いわゆるトルクのある引き。良型のサザナミダイか。

その引きに異変が起きた。途中から引かなくなったのだ。石のように重いだけ。嫌な予感が胸を満たしていく。

S140929w6_04e
イトヒキフエダイ(イヌバー)60cm

魚が元気でリリースできたのは幸いだった。それにしても、全然離れたポイントで苦手なイヌバーが立て続けに釣れるのはいったいどうして?

ワタシのことキライキライだなんてまあ憎らしい。意地悪してわざと釣られてやるぅ・・・とでも思ったのか。だとしたら、すこしカワイイ。

| | コメント (2)

2014年9月 9日 (火)

幻のタマン

7月以降、月2回の出漁でそこそこの釣果に恵まれているこの夏のカヤックフィッシング。9月の初釣行となった今回も期待はおのずと膨らんでいく。

前回がアカジンだったので今回は密かに青物系を狙っていた。カツオやマグロのような食べ応えのある魚。夏なのでビールに合うサカナ。

朝7時半に出艇。ひとしきり漕いだところで休憩を兼ねて鯛ラバを投入。まだ潮が効いてないのかアタリはない。早々に見切りをつけて青物が待つ沖へ。

30gの鯛ラバを60gのインチクに変える。アタリはあるが乗らない。仕掛けを見るとタコベイトのフックが食いちぎられている。犯人はセンニンフグか。続いてフォールでアタるがバレてしまった。フックがポッキリ折れている。テンションが一気に下がった。

インチクを使い尽くしたので浅場へ戻り、鯛ラバでタマンをねらう。ほどなくヒット。ドラグを鳴らすパワフルな引き。海面近くまで抵抗を続ける。やはりタマンはおもしろい。そう思って海中を覗くと白い魚影が目に入った。

S140909w6_02e
ガーラ(オニヒラアジ)55cm

パワー全開の引きなのでてっきりタマンだと思っていた。やみくもに突っ走り、あとは重いだけというガーラのイメージがガラガラと崩れ落ちていく。あれだけ暴れたのにリリースすると元気いっぱいに泳いでいった。

ボーズは免れたものの、タマンの顔も拝みたい。鯛ラバで釣りを続けると再びヒット。が、ラインブレイクで逃げられてしまった。

引きの感触から良型のタマンっぽい。根に潜られたときにPEラインが岩に擦れたのだろう。繰り返されるこのパターン、何か対策を講じる必要がありそうだ。リーダーをもっと長くするとか・・・。

結局、タマンの顔は拝めなかった。ガーラの好ファイトは楽しめたけれど、やはり最後はタマンで締めくくりたかった。

| | コメント (2)

2014年8月22日 (金)

朝まずめのファイター

前回が短時間の釣行だったので、気合いを入れて朝4:30に起きる。日の出前に釣り場に到着。朝日を浴びながらカヤックを漕ぎだす。澄みきった朝の空気が気持ちいい。釣りは本来こうでなくちゃと思う。

30gのタイラバで釣りを開始。アタリがないので沖へ移動する。ほとんど無風。鏡のような海をカヤックは滑るように進んでいく。

風がないので水深が増しても30gのタイラバでイケる。軽いほうが魚の引きがダイレクトに伝わって楽しい。動きが機敏になるのか、食いもよくなる気がする。

30分ほどでアタリ。それほど抵抗しない。小物かなと思っていると、いきなりドラグを鳴らして下へ向かって走りだした。ラインの放出が止まらない。根に入られたらアウトだなぁと思ってヒヤヒヤしたが、その前に止めることができた。

ファーストランをしのぐと、あとはそれほど抵抗しなかった。ただ、かなりの重量感。ひょっとしてまたイヌバー? と不吉な予感にとらわれる。赤い魚体が見えたときは、嗚呼・・・と一瞬ガックリきたのだが。

S140822w6_03
アカジン 69cm

アカジンの大物には縁のないエリアだと思っていた。唖然呆然狂喜乱舞。クーラーボックスがないので、これにて本日の釣りは終了。1匹でも十分に満足できるエモノだけど、釣りをしたのはわずか30分。日の出から昼までガッツリ楽しむはずだったのにぃ・・・。

夜、いつもの居酒屋にアカジンを持ち込んで料理してもらう。刺身も旨かったけど、あとから出た煮付けが絶品だった。プリプリした白身を骨から削ぎ落とすのに夢中になり、みんな無言になっている。カニを食べているときみたいだと思った。

S140822w6_04e
S140822w6_05e
皮がゼラチン質でまた旨い

| | コメント (4)

2014年8月16日 (土)

さざなみの夏

ひと仕事終えた頭にまっさきに去来するのはカヤックで釣りをすること。ただ、天気予報が微妙だった。雨はいいけど雷はこわい。昼頃まで様子をうかがい、イケそうなので準備にとりかかる。

結局、釣りを開始したのは午後3時ちかく。風は弱いがウネリがある。5時が干潮なのでその前後がチャンスだった。

鯛ラバの投入を繰り返すがアタリはない。沖へ出てインチクに変える。フォール中にガツンときた。重量感はないけどシャープな引き。何度かラインが引きだされる。青物っぽい。

まだ釣ったことがないツムブリだといいなぁと思う。が、上がってきたのはどう猛な顔つきの見慣れたサカナ。

S140816w6_02e
オオカマス 48cm

時合いに入ったのか、20分ほどしてまたヒット。ドラグを鳴らすパワフルな引き。水面近くまで抵抗を続ける様子から察しはついていた。案の定、浮いてきたのは白い魚。

S140816w6_04e
アマクチャー(サザナミダイ)45cm

夏の沖縄の海はタマン一色というイメージだった。この夏は何故かサザナミダイがよく釣れる。それもインチクでの釣果が多い。タコベイトが好きなのか。

そのあと、風がでて波が高くなってきたので早めに帰ることにした。正味3時間の釣り。不完全燃焼の感は否めない。シナリオでは上げっぱなで良型のタマンを釣り、ウハウハで家路につくハズだったのだが。

| | コメント (2)

2014年7月27日 (日)

昼下がりのモンスター

7月も下旬になり、風が収まってきたので久しぶりにカヤックを出す。台風で海底の様子も変わっているだろう。

午前中の下げ潮をねらう。40gの鯛ラバで釣りを開始。風は弱いが大潮なのでけっこう流される。

アタリはあるが食いが浅くてフッキングしない。魚の活性は高そうだった。暑さが気になり始めた頃にやっとヒット。涼味満点のドラグの響き。

S140727w6_02e
タマン

その後1時間半の沈黙を経てアタリがまた活発になる。30分ほどの間にバタバタと3匹ゲットする。

S140727w6_03e
シラジューマー(ヒトスジタマガシラ)
S140727w6_04e
オーマチ(アオチビキ)
S140727w6_05e
アマクチャー(サザナミダイ)

写真は撮りそこねたけどハンゴーミーバイもゲット。なので五目達成。腹八分目くらいの満足感だった。それからアタリがぱったりと途絶える。

風はそこそこあるけれど、晴れて暑い。1リットルのアクエリアスがぐんぐん減っていく。でも、まだ帰るわけにはいかない。午後1時半が干潮だった。潮止まり直前のドラマの時間帯が迫っている。

沖へ移動し、鯛ラバを60gのインチクに変える。カツオがヒットすることも想定して中層までリーリング。新鮮なタタキでビールを飲む情景が頭に浮かぶ。

最初は根掛かりだと思った。強く引いてもビクともしない。ドラグの鳴る音で魚だとわかった。とにかく重い。50メートル下の海底から漬け物石を引き上げる感覚。

石と違うのはときどき竿を締め込んでドラグを鳴らすこと。細仕掛けなので無理はできない。時間をかけて少しずつラインを巻き取っていく。

ラスト10メートルまで巻き上げたとき、以前にも同じ重さを味わったことを思いだした。もしかしてまたあいつ? ネットの柄をポッキリ折ったあの真っ赤なモンスター。

S140727w6_06e
怪魚イヌバー(イトヒキフエダイ)73cm

前回より3センチほどサイズアップ。美味しい魚だけど、大型の場合はシガテラ毒を持つ可能性があるという。パンパンになった腕をさすりながら泣く泣くリリース。

そのあと上げっぱなで食いが立ち、さらに2匹追釣する。

S140727w6_07e
アマクチャー(サザナミダイ)
S140727w6_09e
ナガジューミーバイ(バラハタ)

イヌバーに好かれているらしい。釣るのは今回で3度目。でも、あのサイズはもういいやって感じ。重労働を強いられた挙げ句、リリースを余儀なくされるのは辛い。シガテラ毒の知識がないときに食べた1匹目のイヌバーの旨さを想うとなおさらだった。

| | コメント (2)

2014年7月 5日 (土)

梅雨明けの海

結局、6月は1度も出漁できず、1カ月ぶりのカヤックフィッシング。梅雨が明けて日差しが強い。ペットボトルの水を多めに積んで出艇する。

昼から夕方までの下げ潮をねらう。ターゲットはタマン。炎天下で聞くドラグの音は涼味満点にちがいない。

いつものように鯛ラバで釣りを開始。予想していたとはいえ、暑い。アタリがないまま1時間が過ぎ、集中力が続かなくなってきた。

風速は3メートルくらい。カヤックでは無風状態がベストだけど、夏は風が多少あったほうが涼しくていい。

ダラけてリールを巻いていると、ようやくアタリ。イトヨリ系のピンクの魚が釣れる。

S140705w6_02e

その後、沖のポイントへ移動して根周りを探っているとアタリ。ドラグを鳴らす強い引き。本命のタマンっぽい。慎重にやりとりを始めたものの、あえなくバレてしまった。

間を置かずにふたたび強いアタリ。今度は根にもぐられてしまった。ラインを張った状態でしばらく待ってみたが、根負けして最後はラインブレイク。ミーバイ系の大物? ひょっとしてアカジン? 捕り損ねたエモノについて妄想が膨らんでいく。

それからポイントをあれこれ移動し、ヒトスジタマガシラ(ジューマー)とオジサンを追釣する。

S140705w6_04e
S140705w6_05e

さらにねばって日没間際の上げっぱなを狙うことも考えた。でも、暑さでヘロヘロだったので諦めて帰ることに・・・。

歳とともに盛夏のカヤックフィッシングがしんどくなってきた。冬から春にかけてのほうがゴージャスなサカナが釣れる気もする。夏の海は人が多くて騒がしいし・・・。

それでも海には浮かびたい。がんばって早起きするしかないのかも。

S140705w6_03e

| | コメント (0)

より以前の記事一覧