野鳥写真

2017年1月29日 (日)

そして10年が過ぎた

「名護ではこの土・日にさくら祭りが開催された。肝心の桜の咲きはイマイチだったが、エイサーなど沖縄の民族舞踊を間近で見ることができて楽しかった」

拙ブログの初回記事の冒頭から引用した。日付は2007年1月29日。名護に移り住んで1カ月半後に始めたブログだった。それから10年。

最初の2年間はもっぱら山に登った。冬でも青々とした草木が印象的だった。生命力に満ちた亜熱帯の森に圧倒され、写真を撮ることに快感を覚えた。

移住3年目にカヤックを購入すると、山から海へフィールドが拡大した。初めて釣ったタマンの強烈な引きに魅了され、カヤックフィッシング(KS)にハマることになる。

そして、2年前から野鳥を撮るようになった。それまで関心が薄かった野鳥が写真のターゲットとして急浮上したのが不思議だった。

それでも、最初はKSと野鳥写真を趣味の2本柱にしようと考えていた。が、KSはいつしか休業状態。結局、昨年は一度も出漁しなかった。

KSへの関心が消えたわけではない。野鳥写真に熱中するあまり、一時的に意識の片隅に追いやられているだけ。そう思いたい。

とはいえ、去年1年間、このブログは野鳥写真と(野鳥を撮るための)カメラの話題に終始した。この流れは今年も変わらないような気がする。

沖縄移住10周年を機にブログを新しくすることも検討中。野鳥写真に特化したブログを新たに立ち上げるという選択肢もあるけれど、さてどうなりますか。

S170217d500_07ee_2
S170213d500_03ee

10年過ぎても沖縄の桜は艶やかで美しい
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIで撮影

| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

花より野鳥

沖縄に来た当初は、冬でも花が絶えないことに感動したものだ。冬の花は沖縄の強みかもしれない。そう考えて、花を絡めて野鳥を撮ることに・・・。

花と野鳥といえば桜とメジロ。とはいえ、過去にたくさん撮っている。今回は梅の花をターゲットに選んだ。野鳥の種類は問わない。

名護市のオーシッタイという集落に梅の並木があるという。目指す集落は源河川に沿った林道のはるか先にあった。

来るのが遅かったらしい。梅の花はピークを過ぎていた。どうにか満開にちかい木を見つけても、鳥が姿を見せない。

S170128d500_06ee
シロハラ。梅がダメなので路上の鳥に花を絡める

目的の写真は撮れなかったが、初めて訪れたオーシッタイはひっそりと佇む梅園という感じで趣があった。

とはいえ、不完全燃焼の感は拭えない。梅に代わるものを帰りの車窓で探していると、広大なコスモス畑を発見。こちらは今がピークだった。

S170128d500_16ee
それでも肝心の鳥がいない。やっと見つけたのがコレ

取り合わせがイマイチなので、ほかに被写体になりそうな野鳥がいないか探してみた。

S170128d500_17ee
カモの群れを発見! ドバトよりは使えそう

歩きながらの撮影なので、飛ばさないように慎重に近づく。写真を撮ってもあまり気にする様子はない。

S170128d500_20ee
S170128d500_31ee
オナガガモ。コスモスまでチト遠い
S170128d500_36ee
結局、最後は飛ばしてしまった

コスモス畑の周辺にはセッカもいたが、今回は撮影のチャンスに恵まれなかった。

S170127d500_37ee
別の日にほかのコスモス畑で撮影したセッカ。小1時間ねばってやっと撮影
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

| | コメント (0)

2017年1月 7日 (土)

サーファーとバーダーの浜

沖縄の南部に訪ねてみたい探鳥スポットがあった。海の探鳥スポットといえば砂地の干潟が多いけれど、そこは岩礁も適度に混じり、変化に富む景観を見せている。海辺に湧水があることも、多彩な野鳥を集めることに一役買っているらしい。

今回は目的地が遠いため、ふだんは節約して屋嘉から入る高速を許田から使う。インターを出てからもその先がけっこう長い。やっと現地に到着。朝の干潮から4時間ちかく過ぎているため、潮はだいぶ満ちていた。

鳥が多い。数だけでなく種類もいろいろ。カモ類やオオバンが多いのは湧水の影響か。

S170107d500_08ee_2
オナガガモ(♀)
S170107d500_12ee
ヒドリガモ
S170107d500_24ee
オカヨシガモ(♂)とオオバン
S170107d500_35ee
コガモ

冬の沖縄の海といえばシギチ。その先入観をくつがえすバラエティに富むカモ群に圧倒される。被写体としてあまり意識することがなかったカモだが、概してオスは見栄えがする。カモと海の取り合わせも新鮮だった。

S170107d500_30ee
S170107d500_32ee
オオバン。食べているのは何?
S170107d500_59ee
ヨーロッパトウネン。地味だがシックで繊細
S170107d500_20ee_2
アオアシシギ他。どの鳥にピントを合わせるか迷う

ここはサーフィンの人気スポットでもあるらしい。野鳥とサーフィンを1枚の写真に収めることができるのは、沖縄本島ではこの場所くらいか。

S170107d500_36ee
S170107d500_45ee
S170107d500_52ee
チュウシャクシギ

初めて訪れた南部の海岸は期待に違わぬ探鳥スポットだった。また行きたいけれどいささか遠い。滞沖年数を追うごとに沖縄は頭の中でどんどん大きくなっていく。

S170107d500_18ee
今ではほとんど琉球大陸・・・んなわけないか
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

ライファーを求めてⅡ

これまでの成果に味をしめて、ふたたび野鳥の楽園へ。やんばるでの探鳥は午前中が勝負なので早起きが欠かせない。一方、こちらは午後でも野鳥には事欠かない。ゆっくり出発できるのでラク。

クルマを停めて歩きながら鳥を探す。人を見ると飛び去る鳥も多いが、あまり逃げない鳥もいる。そういう鳥をレンズで拾っていく。

S161210d500_18ee
セッカ
S161210d500_32ee
タカブシギ
S161210d500_39ee
ハクセキレイ

浅く水を張った一画にひときわ優雅なシギがいた。心臓が高鳴る。前から撮りたいと思っていた憧れの鳥だった。

S161210d500_44ee
ソリハシセイタカシギ。もうすこし近づきたかった

今回もライファーをゲット。出発が遅かったのですでに4時をまわっている。隣接するエリアをサクッと回って帰ることにした。

適当な場所にクルマを停めて探鳥を開始する。草が生い茂った休耕地に気品あふれる鳥がいた。レンズを向けると、人の気配を察して飛び去ってしまった。

それでも、百メールほど先に舞い降りるのが見えた。今度逃げられたらあとはない。そう思って慎重に距離を縮めていく。

鳥は水辺を歩いていた。進む方向へ先回りして待ちかまえる。やっと射程内に入ってきた。撮影を始めると、背後で犬が吠えだした。かくて、本日のクライマックスはあっけなく幕を閉じることに。嗚呼・・・

S161210d500_54ee
"田園の貴婦人"タゲリ。番犬に守られてガードは固い

それでも諦めきれずに周辺を探してみたが、三度目の正直はかなわなかった。

S161210d500_64ee
代わりに出会ったゴイサギ(若鳥)。近すぎても引けないのが単焦点の辛いところ
S161210d500_69ee
先月出会ったオオヒシクイにも再会できた
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

紅葉狩り探鳥

沖縄でなければ撮れない野鳥写真がある。その一方で、沖縄では撮れない野鳥写真もある。

たとえば紅葉や雪の鳥景写真。亜熱帯の沖縄で季節感のある写真を撮るのは難しい。頭にすぐ浮かぶのは夏のアジサシくらいか。

沖縄では撮れない紅葉+野鳥の写真を撮るために東京へ行くことにした。調べてみると、実家がある東京の郊外には野鳥の撮影スポットが点在している。そのなかには隠れた紅葉の名所もあるらしい。

公園、霊園、寺院――1週間で10箇所をまわる野鳥三昧の日々だった。場所によって差はあるものの、久しぶりに見る東京の紅葉は美しかった。

S161130d500_16ee
アオゲラ
S161130d500_26ee
ヤマガラ
S161130d500_35ee_2
ドバト
S161202d500_05ee
カワセミ
S161202d500_15ee
ヒヨドリ
S161202d500_24ee
シジュウカラ
S161202d500_76ee
ハクセキレイ
S161202d500_83ee
ハクセキレイ
S161203d500_16ee
カイツブリ
S161203d500_41ee_2
コゲラ
S161203d500_68ee
ヤマガラ
S161203d500_96ee
コゲラ
S161203d500_102ee
ヤマガラ
S161204d500_29ee
シジュウカラ
S161204d500_37ee
スズメ
S161204d500_39ee
シジュウカラ
S161204d500_54ee
ジョウビタキ

気候帯が異なり、1500kmも離れている名護と東京。それでも、身近なフィールドで目にする野鳥の顔ぶれはほとんど変わらなかった。

今回のテーマは紅葉+野鳥。極端なハナシ、鳥であれば被写体はなんでもよかったのだが、ライファーとの予期せぬ出会いにも恵まれた。

S161202d500_54ee
ルリビタキ。東京で撮りたかった鳥のひとつ
S161204d500_02ee
エナガ。とてもカワイイのだがすばしっこいのでなかなか撮れない
S161204d500_12ee
アトリ。今年は当たり年らしく、至るところで目にした
S161204d500_47ee
シメ。どことなく風格のある鳥
S161204d500_58ee
カワラヒワ。嘴がシメと似ている
S161203d500_19ee
アカゲラ。こんな大物がいるので東京の公園はあなどれない

東京での探鳥最後の日に公園内の遊歩道を歩いていると、大木の前にカメラの放列が敷かれ、数十人のカメラマンが木の上を凝視していた。

珍鳥らしい。珍鳥が出るとネットを介してすぐに情報が広まり、大勢の野鳥カメラマンが集まるという話は聞いていたけれど、その現場に偶然出くわすとは思わなかった。

S161204d500_61ee
S161204d500_67ee
ニシオジロビタキ。喉の部分のオレンジ色が紅葉に融けこんでいい感じ
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

このカメラの放列、明らかに異様な光景なのだが、どこか懐かしい気がした。SL(蒸気機関車)の撮影にハマっていた10代の頃、日本各地の線路脇で目にした光景だった。当時はその放列の最前列に陣取っていたりもしたのだが。

今回の探鳥旅行を通じて、東京の公園は野鳥が多いと改めて感じた。樹木などの管理が行き届いているため、撮影もしやすい。やんばるの山中は植物が密生しているので枝かぶりや葉っぱかぶりになることが多く、スッキリした写真を撮るのが難しい。

その一方で、東京の公園では撮影を効率化するために餌付けや止まり木の設置なども一部で行われているようだった。餌付けが常態化すると、どこまで「野鳥」と言えるのか難しくなる気がする。

人為的な演出とありのままの自然がもつ価値。両者の間でどのように折り合いをつけるのか。紅葉に染まった木々を飛び交う野鳥を追いながら、そんなことも考えていた。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

ライファーを求めて

珍鳥ハンターではないけれど、ライファー(初見の鳥)との出会いはやはり嬉しい。その確率が高いのが金武のフィールド。エキサイティングな出会いを求めて自然と足は野鳥の楽園へ。

途中で漢那ダムに寄る。湖畔公園のはずれに自然観察の池があり、カモの群れが泳いでいた。

S161112d500_09ee
ヒドリガモ
S161112d500_07ee
湖畔公園にいたチュウサギ

目的地のフィールドでは、ホシムクドリとオオジュリンが待っていた。いずれもライファーだ。

S161112d500_30ee
ホシムクドリ。ロケーションがイマイチ
S161112d500_82ee
オオジュリンのカップル

ライファーに限らず、野鳥の数と種類が豊富なのでシャッターチャンスには事欠かない。

S161112d500_32ee_3
コチドリ
S161112d500_39ee
セッカ
S161112d500_lr58ee
チュウサギ
S161112d500_63ee
スズメ

2週後、ふたたび野鳥の楽園へ。未知との出会いに向けて期待はおのずと高まっていく。

S161125d500_21ee
スズメのアップ
S161125d500_30ee
チュウダイサギ
S161125d500_33ee
アオサギ&コサギ

未知との出会いは次回に持ち越し。そう見切りをつけてクルマへ向かっていると、思わぬ大物が待ちかまえていた。

S161125d500_48ee
オオヒシクイ。人をあまり恐れないので撮りやすかった
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

金武は名護からも近い。周辺エリアも含めてお宝ザクザクの予感がする。今後が楽しみだ。

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

ムナグロの季節

季節感が乏しい沖縄。それでも、渡り鳥が秋の到来を教えてくれる。群れをなして海辺の公園に飛来するムナグロもそのひとつ。

最初に見かけたのは9月下旬だった。5カ月ぶりの再会。芝生のグラウンドに数羽のムナグロが群れていた。

群れが大きくなって公園の人間にも慣れてきたら、ローアングルでじっくりねらうつもりだった。その後、名護岳へ探鳥に行くことが多くなり、公園のムナグロは意識の片隅に追いやられていた。

11月上旬、久しぶりに海辺の公園へいく。最初に迎えてくれたのはムナグロではなくモズだった。

S161110d500_16ee
シマアカモズ(♀)

お目当てのムナグロはビーチ近くの芝生にいた。滞在が長くなり、公園にもだいぶ馴染んできたのだろう。群れがばらけて単独で歩きまわっている。

S161110d500_47ee
S161110d500_49ee
S161110d500_58ee
S161110d500_60ee
S161110d500_68ee
S161110d500_69ee

D500に装着したアイカップがチルト液晶の邪魔になる。チルトを使うときはアイカップのゴムを平らに反転させ、チルトの収納時に元に戻す必要がある。D5500のバリアングルのほうが使いやすいと思った。慣れの問題もあるのだろうが・・・。

適度な起伏があり、芝生や樹木、池、ビーチと変化に富んだロケーション。海辺の公園は野鳥の撮影フィールドとしても大きな可能性を秘めている。それでも、最近はなかなか足が向かない。

公園の鳥見散歩を朝の日課にするのはどうだろう。名案かもしれない。目的があれば早起きも辛くない。たぶん・・・

S160920d500_26ee
鳥見散歩用に軽くて望遠の利くマイクロフォーサーズが欲しいかも
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

秋の渡り鳥Ⅱ

予期せぬ野鳥との出会いを求めてうるま市へ向かう。南部の海岸もよさそうだけど、帰りの道のりを考えると腰が引けてしまう。新しいクルマになってドライブは前より快適なハズなのだが。

目的地の海岸に到着。近くの草地にシマキンパラ(アミハラ)が群れていた。さらに歩くとセッカが鳴きながら飛んできた。

S161027d500_06ee
シマキンパラ(アミハラ)
S161027d500_16ee
セッカ

そのあと海辺へ移動する。石混じりの砂浜に色の鮮やかなシギがいた。初めて見る鳥。キョウジョシギだった。

S161027d500_36ee
S161027d500_37ee
AFが遅いD500のライブビューだが、海辺の撮影ではチルト液晶が役立つ

さらに海中道路を通って最先端の島へ。ビーチ付近に駐車し、徒歩で探鳥を開始する。のびやかに広がる畑に沿って歩いていくと、いかにも鳥がいそうな木が前方に立っていた。

木の名前はわからない。鳥が好きそうな実がなっているわけでもない。それでも直感が働いた。先週の出会いと同じように・・・

S161027d500_80ee
S161027d500_108ee
キビタキ。鳴き声はなくてもオーラは絶大

この木にはエゾビタキもいた。さらにムシクイ系の鳥の姿も。渡り鳥がしばし羽をやすめる休息の木なのかもしれない。

S161027d500_87ee
S161027d500_110ee
エゾビタキ
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

同じ木に異なる鳥が同居しているのが不思議だった。ひょっとして渡りの途中で知り合い、意気投合して一緒に旅を続けているとか。渡り鳥は想像力の翼を広げてくれる。

| | コメント (0)

2016年10月22日 (土)

秋の渡り鳥

10月は稔りの秋。野鳥ファンにとっては、渡り鳥とのエキサイティングな出会いの秋でもある。ミヤマヒタキの興奮が冷めやらぬうちに、新たな出会いを求めてフィールドへ。

この日も名護岳の山麓を歩く。朝、家を出たのが遅すぎたのか、野鳥の気配は乏しかった。花や蝶の写真を撮りながら、道を戻りはじめる。

何か予感めいたものを感じて、ふと見上げた木の枝にその鳥はいた。オスのキビタキだ。メスは何度か見たことがあるが、色が鮮やかなオスを名護で見るのは初めてだった。

S161022d500lr15e
S161022d500lr24e
S161022d500lr25e
S161022d500lr28e

最初はリュウキュウキビタキだと思ったこの鳥、喉から胸にかけて濃いオレンジ色に染まっている。リュウキュウキビタキはこの部分が淡い黄色ということなので、渡りのキビタキである可能性が高いと思う。

黒とオレンジのコントラストが美しい。「奇麗な鳥」という点では、これまで見たなかで間違いなくトップクラス。可憐な声で鳴くらしいが、このときは聞けなかった。

そのあと金武へ行く。アジサシが畑の上を飛び交っていた。夏鳥のアジサシが今の時期になぜ? と思ったのだが、春や秋に沖縄を訪れるクロハラアジサシだった。

S161022d500_50ee
S161022d500_52ee

さらに、うるま市の海岸へ足を延ばす。D500のチルト液晶を使って砂浜にいるシギチをローアングルでねらう。ライブビューのAFは予想にたがわず遅かった。

S161022d500_67ee
S161022d500_74ee
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

珍鳥降臨

名護岳の山麓は自然が豊かだ。自宅から車で10分。林道を歩くとヤンバルの森が広がっている。

家から近いので、気軽に鳥見散歩を楽しめる。主なターゲットはメジロ、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラなど。アカヒゲがいないのは残念だけど、運が良ければリュウキュウキビタキに会える。

その日も、樹木が醸す香気を浴び、鳥の鳴き声を聞きながらシアワセな気分で歩いていた。と、前方の木の枝に見慣れぬ小鳥がとまっている。

近くで見ると、体の色は褐色がかっていた。ときおり枝から飛びたち、飛んでいる虫を食べてはまた同じ枝に戻る。ヒタキ類なのは間違いなさそう。人をあまり恐れない。飛び立っても遠くへは行かず、すこし時間が経つと同じ枝に戻ってくる。

写真を撮っていると雨が降ってきた。しばらく様子を見たが、止みそうもない。後ろ髪をひかれる思いで引きあげることに・・・。

自宅に戻り、撮影した鳥をパソコンの画面で見ながら『沖縄の野鳥』をぱらぱらめくる。「ミヤマヒタキ」のページで指が止まった。先ほど見た鳥だった。東南アジアに生息する鳥で、国内では確認例が少ないとか。

午後になると雨が止んだので同じ場所へいく。同じ木の枝にミヤマヒタキはとまっていた。さらにその翌日もミヤマヒタキに会いにいく。その枝がよほど気に入ったのだろう。ミヤマヒタキは同じ木の枝で待っていた。

Sdsc_0103ee
S161015d500_131ee
Sdsc_0145ee
Sdsc_0179ee
Sdsc_0123ee

その後、仕事でしばらく鳥見に行けなかった。1週間後、その場所を訪れるとすでに姿はなかった。

2日にわたってじっくり観察できて幸運だった。写真もたくさん撮れたので悔いはない。

それでも、鳥見散歩でその場所を通るたびに、ミヤマヒタキがとまっていた枝につい目が行ってしまう。居るはずはないとわかっていても・・・

S161015d500_29ee
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIですべて撮影

| | コメント (0)

より以前の記事一覧