沖縄の自然散策

2014年11月23日 (日)

久志岳に登る

名護から近い辺野古岳と久志岳。米軍演習場が近くにあるため、どちらも登れる山だとは思っていなかった。最近、ネット上で久志岳の山行記をいくつか目にして登山道があることを知る。これは行かないわけにはいかない。

射撃訓練のない日曜に行くことにした。数久田集落の南側斜面を新しい道が山の上へと伸びている。急坂を登り切ると高台になっていた。ほどなく車道は行き止まりになり、左に下り坂の道が分かれている。

クルマを停めて前方の未舗装の道を進み、右側のガードレール脇から農道に下りる。草が刈られた農道をしばらく進むと小さな広場に突き当たり、左側に高圧電線の鉄塔がそびえている。この広場の右前方に細い道がある。それが久志岳へ向かう道だ。

S141123d51_35
右前方の道を行く。ケモノ道のようでわかりにくい
S141123d51_01
しばらく進むとこんな標識がお出迎え

足もとがシダで覆われてあまり気持ちのよい道ではない。足早に歩いていると、正面にロープが見えてきた。左側に久志岳のコースサインが見える。ここから本格的な登山道が始まる。

山頂までに分岐がいくつかあるが、コースサインに従って進めば問題はない。道はV字形に浸食された箇所もあるが、概して歩きやすい。名護岳のような階段状の道ではなく、自然な山道。その多くが稜線沿いなのも好印象だった。日差しを浴びた木々の葉が輝いて見える。

S141123d51_08

S141123d51_29ee_4

正面に久志岳山頂を望む地点で右側の斜面を登ると、見晴らしのきくピークに出る。ここはこのコースで一番の絶景ポイント。東海岸のキャンプ・シュワブと西海岸の名護市街をともに遠望できる。

S141123d51_23
ここを登る
S141123d51_11
キャンプ・シュワブ
S141123d51_12
辺野古岳
S141123d51_13
久志岳
S141123d51_14
名護市街地
S141123d51_15
恩納村方面

道は一度下って再び登りに。ほどなく久志岳山頂に到着。といっても展望は利かず、三角点の標識でそれとわかるだけ。山頂の少し先に東側の展望が開けた場所があるので、休憩するならそちらがお勧めだ。

S141123d51_16
S141123d51_17
米軍演習場とキャンプ・シュワブ

帰りも同じ道で下山する。無事に登頂を果たし、くつろいだ気分で写真を撮りながら歩く。

S141123d51_24_2
S141123d51_31
S141123d51_32
S141123d51_30

途中に辺野古岳への分岐があった。次回は辺野古岳にも足を延ばしてみたい。射撃訓練のない、好天に恵まれた冬の日曜日に・・・。

S141123d51_20e
まだ青い大浦湾も遠望できた

| | コメント (0)

2014年4月27日 (日)

漢那ヨリアゲの森緑地公園

「充電ドライブ」で走った234号のユルい景色に魅せられて、Nikon D5100 + 18-105mmズームを携えて再訪した。

絵になりそうな場所で車を停めて写真を撮るつもりだった。ところが、実際に走ってみるとビビッとくる光景に出会わない。結局、前回と同様にまったりとドライブを楽しんだだけで終わってしまった。

ロードマップを広げて新たな被写体を探す。近くに漢那ヨリアゲの森緑地公園がある。初めて聞く名前だった。試しに覗いてみることに・・・。

329号脇の駐車場にクルマを停める。丘の斜面に木々が鬱蒼と茂り、その下を小川が流れている。川沿いに進むとさらに駐車場があり、公園の案内図が立っていた。園内には遊歩道が張り巡らされている。これなら自然散策を楽しめそうだ。近くの水場から散策を始める。

S140427d51_02e
S140427d51_04
S140427d51_16e
S140427d51_20e
風葬墓

多様な植物が生い茂り、これぞ亜熱帯の森という感じ。ただ、草に半分埋もれた遊歩道は蜘蛛の巣だらけで歩きにくい。結局、案内図にある周遊コースを歩き通すことはできなかった。

それでも、随所で見目麗しい木々に遭遇。巨木フェチの血がザワザワと騒ぎだす。

S140427d51_06
S140427d51_13e
S140427d51_08e

蜘蛛の巣を掻き分けて進んだ森の奥は、花と生き物のパラダイスだった。

S140427d51_09e
クチナシ
S140427d51_11e
キノボリトカゲ

帰宅してから、水場付近にあったガジュマルの大木を撮り忘れたことに気づいた。それでも、宜野座村は名護から近い。今までほとんどノーチェックだったこのエリア。未知なる被写体を求めて今後は足を向ける機会が増えそうだ。

S140427d51_25

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

やんばる巨木の森へ

国頭村・伊部岳の近くにオキナワウラジロガシの大木があると聞き、巨木フェチの血が騒いではるばる見に行った。5年前のことだ。その巨木にまた会いたくなった。

県道70号線の道路脇にクルマを停めて林道を登っていく。しばらく進むと前方に伊部岳が見えてきた。さらに行くと国有林の標識があり、その右にウラジロガシへ行く道が分かれている。

最初に来たときは本命の大木がなかなか現れずに心配した。今回は2回目なのでスンナリ到着。あいかわらずデカい。巨木が放つオーラに浸りながら、何枚も写真を撮る。

S140224d51_06e_2
S140224d51_14e_2

やんばると聞くと自然が豊かなイメージがあるが、がじゅまる以外の巨木はそれほど多く見かけない。そうした意味でもこのウラジロガシは貴重だと思う。

時間はたっぷりある。あれこれ写真を撮りながらノンビリ帰途につく。途中で枝道に入り、谷まで下っていく。日差しを浴びて輝く木々が美しい。

S140224d51_22e_2
S140224d51_27ee_3
S140224d51_26e_2

分岐点まで戻り、未舗装の林道をさらに先へ向かう。ここも前回来たときに歩いた道だった。左側は谷で右側は山の斜面。変化に富む自然散策のプロムナードがユルユルと続いていく。当然、被写体にも事欠かない。

S140224d51_35e_2
S140224d51_47e_2
S140224d51_55e_2
S140224d51_60e_2

写真を撮っていると時間が経つのが早い。時計を見るとすでに5時近かった。伊部岳山麓の石垣がある山道にも行きたかったけど、次回の楽しみに残しておくことにした。

S140224d51_65_2

| | コメント (0)

2014年1月31日 (金)

名護岳山麓へ

今年の冬は晴れる日が多い。明るい日差しに誘われて、Nikon D5100 + 18-105mmズームを持って名護岳へ向かう。

名護岳創造の森公園にある沢コースを歩く。2週間前に訪れた場所だが、前回は夕方にちかい時間だったため、十分に光をとらえることができなかった。

時間帯によって太陽の位置も変わり、亜熱帯の森はまた別の表情を見せる。前回は気づかなかった新たな被写体が出現し、ワタシを撮って撮ってと叫んでいる。

S140131d51_02
S140131d51_04
S140131d51_05
S140131d51_06e
S140131d51_08e
S140131d51_12e
S140131d51_13e

自然散策の楽しいプロムナードは長く続かない。小川を渡ってひと登りすると、舗装された名護岳林道にでる。遊歩道を引き返すつもりだったけど、気分を変えて林道を歩いて戻ることにした。

道端に花がいろいろ咲いている。多く見かけたのがバライチゴ。花びらは大きいが色が白いので清楚な印象を受ける。

S140131d51_17

さらに行くと、右側の木に動くものがいる。リュウキュウキジバトだった。市街地でも普通に見かけるハトだが、山中で見るとどこかワイルドでカッコイイ。

S140131d51_27ee

ほどなく駐車スペースに停めた自分のクルマが見えてきた。周囲は満開の桜でピンクに染まっている。

S140131d51_01e

写真を撮るなら名護岳林道を歩くのも悪くはない。ただ、桜の季節のせいか平日なのに車がけっこう通る。自然散策を楽しむなら静かな「沢コース」がいい。晴れた日の午前中にまた来ようと思った。

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

クバの御嶽

今帰仁城跡の近くにクバの御嶽がある。琉球開闢七御嶽の1つであり、斎場御嶽などと並んでもっとも神聖な御嶽に位置付けられている。山頂からの眺めも良さそうなので訪ねてみることにした。

本部から115号で今帰仁へ向かう。山を越えて道は下りになり、しばらく行くと右に今帰仁城跡へ行く道が分かれている。その左側の駐車場に車を停める。隣接した細い道をすこし進むと、左側にクバの御嶽の入口がある。

S140123d51_01

広くて歩きやすい道がしばらく続く。山全体が御嶽なので神聖な場所に足を踏み入れていることになるが、体質的に鈍いのか霊気は感じられない。それとも、近くの工事現場の音で霊気がかき消されているのか。

S140123d51_03e
とはいえ、光を浴びた森の木々はどこか神秘的

右に曲がってしばらく行くと、すこし開けた場所にでた。周囲にはクワズイモが密生し、大木が枝を広げて荘厳な雰囲気を醸しだしている。その奥に拝所があった。

S140123d51_12
S140123d51_35e
S140123d51_13e

拝所の右側に山頂へいく道が続いている。ロープが張られているが、それほど険しい道ではない。

S140123d51_19

と思っていたら、傾斜はどんどん急になり、ゴツゴツした岩が行く手を阻む。首からカメラを下げているのでよけいに神経を使う。

S140123d51_22e
急登の途中に2番目の拝所がある

山頂らしい眺めのよい場所にやっと到達。眼下に今帰仁城跡を見渡すことができた。

S140123d51_25

さらに古宇利島や伊江島、伊是名島、伊平屋島を遠望することができる。

S140123d51_26e
古宇利島

S140123d51_27e
伊江島

S140123d51_29e
伊是名島&伊平屋島

標高200mほどの山だが眺めはよい。ただ、頂上付近の道はけっこう険しいので注意が必要。カメラはリュックに仕舞ったほうが無難かもしれない。

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

名護岳創造の森公園

Nikon D5100 + 18-105mmズームを持って山に入り、ネイチャーフォトにいそしむ日々。今回は名護岳創造の森公園の沢コースを歩く。

その前に、名護中央公園の「桜の園」で桜の状態をチェック。すでに満開の桜もあり、来週にはシーズンインという感じだった。

S140117d51_10e
S140117d51_07e_2

「桜の園」から道を上り、3階建ての展望台を過ぎて名護林道をさらに進むと、右側に東屋があり、その先に駐車スペースがある。東屋からすこし戻った左側に「沢コース」の標識が見える。

県民の森と同様にこのコースも渓流沿いの散策路だ。とはいえ訪問者は少なく、より自然のままという印象。ここでもヒカゲヘゴやクワズイモ、シダ類が多く見られる。

S140117d51_16e
S140117d51_20e
S140117d51_24e
S140117d51_21e

20分ほど歩くと道は登りになる。そのまま進むと名護岳林道に出るため、この地点でUターン。良い雰囲気だったのでもっと歩いていたかった。

せっかくの好天なのに、谷間なので夕方になると日が差し込まない。次回は日が高い時間帯に来るとしよう。

S140117d51_25e
今日の結論:バリアングル液晶はクワズイモの撮影に適している

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

県民の森を撮り歩く

連休2日目。昨日の古宇利島が不完全燃焼だったので、今日も写真を撮りにいく。目指すはやんばるの森。といっても、ハードな山歩きではなく写真主体の自然散策。県民の森(恩納村)にある「渓流コース」の遊歩道はそんな目的にうってつけの場所だ。

過去に何度か来ているのでコースの状況はわかっていた。小川に沿って遊歩道が整備されている。距離は1キロに満たない。ハイキングにはもの足りないが、写真をじっくり撮るにはほどよい行程。

手軽に歩ける一方で人工物が多く目に入り、深山の趣は乏しい。それでも、川沿いゆえの変化に富んだ植生が楽しめる。今回の再訪では、以前来たときには気づかなかった新たな被写体にもいろいろ出会えた。

S140112d51_03e
S140112d51_08e
S140112d51_22e1
S140112d51_33e
S140112d51_36e

2日連続で使用したNikon D5100 + 18-105mmズーム。今日のやんばるの森で本領を発揮してくれた。定評のあるソニーの1600万画素センサーが亜熱帯の多様な植物群を階調豊かに描きだす。

S140112d51_04e
S140112d51_16
S140112d51_18e
S140112d51_19e
S140112d51_24e
S140112d51_39e

操作性がイマイチと言われるD5100だが、それまで使用していたデジイチが同じNikonのエントリー機だったのでそれほど違和感は感じなかった。それよりも、小型軽量ボディでD7000と同等画質が得られる恩恵のほうが大きい。ISO感度も1600までは十分に使えると感じた。

今回、ニコンの付属ソフト「ViewNX 2」を使用してRAW現像にもトライしてみた。ただ、撮影時に液晶で結果を確認しながら露出を変えて撮るクセがついているため、JPEG撮って出しでもそれほど遜色ない気がした。まだ試行段階だし、より本格的なRAW現像ソフトを使えば印象が変わるのかもしれないが。

そんなわけで、エントリー機とはいえけっこうイケてるD5100。あとは、バリアングルを駆使して説得力のある写真をモノにするだけ。

S140112d51_43
結局、今回はバリアンを使わずじまい・・・

| | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

2月の晴れた日は

昨年とは打って変わり、この冬の沖縄は晴れる日が多い。仕事が一段落ついた金曜日。風が強いのでカヤックは断念し、久しぶりに山へ行くことにした。

向かったのは勝山にある古巣岳。いつものように公民館の前にクルマを停めて歩き出す。沿道ではピンクの桜が出迎えてくれた。

S130201d4_01e

シークヮーサー畑を抜けて涸れ沢に足を踏み入れる。今日のメイン・カメラはNikon D40+標準ズーム。ファインダーで構図を決めてシャッターを切る快感を久しぶりに味わう。

S130201d4_02e
S130201d4_08e
S130201d4_11e
S130201d4_12e
S130201d4_15e

この谷沿いの登山道は、人里近くにありながら深山の雰囲気を味わえるお気に入りのコースだ。去年の台風の影響か、道がすこし荒れている箇所もあったが、随所に付けられた赤いテープが誘導してくれる。

写真を撮りながら2時間ほどかけてようやく稜線へ。前方に古宇利島や屋我地島が見わたせる。

S130201d4_19e

すぐ近くに見える嘉津宇岳の山頂には寄らずに、古巣岳へ下る道に入る。この山域は先の尖った石灰岩が多い。ヘタに転ぶと大怪我をしかねないので慎重に進む。

首にかけていたNikon D40をデイパックに仕舞い、サブ用に持参したGR DIGITAL Ⅳを胸のポケットへ。2台体制だとこんなふうに使い分けることもできる。

S130201gr_04e
古巣岳山頂から名護市街を展望

久しぶりの山歩き。人里に下りる頃には膝に痛みを感じていた。最初は三角山→安和岳→古巣岳の縦走も考えたのだが、やめておいて正解だった。

帰宅後に写真をチェック。撮影時の快感はNikon D40が上だけど、白飛びがけっこう多い。画質はGR DIGITAL Ⅳのほうが良さそうだ。F1.9とレンズも明るいので、山歩きの相棒はGR一択に決定か。

S130201gr_08e
GR DIGITAL Ⅳで撮影(f/1.9、1/32秒)

| | コメント (2)

2012年1月21日 (土)

ハンタ道を歩く

今帰仁城の近くにハンタ道と呼ばれる道があるという。ハンタとは崖の意味で、今帰仁城への登城道として使用されていたとのこと。写真を見ると岩だらけで野趣満点。森林浴を兼ねて歩いてみることにした。

今帰仁城入口のバス停付近から白い敷石の道が今帰仁城に向かって伸びている。この道を数分歩くと親川という湧水に着く。ここがハンタ道の起点。緑の標識に今帰仁城跡まで700mと書かれている。

S120121d4_01e
親川(エーガー)

石が多いが、それほど歩きにくくはない。道幅もそこそこあり、昔から利用されてきた道であることを実感する。クワズイモ、ソテツ、クロツグなど、亜熱帯の森を演出する植物にも事欠かない。

S120121d4_22e
S120121d4_12e
S120121d4_13e

ミームングスク、ノロの屋敷跡など、沿道には史跡も多い。

S120121d4_17e
ノロ殿内 火の神の祠

岩だらけの山道が整備された平坦な道に変わる。すこし進むと今帰仁城の入口付近に出た。親川からゆっくり歩いて20分ほどの行程だった。

帰る途中で枝道を探ってみることにした。左に折れる道を進むと、鬱蒼としたガジュマル(?)が出現。

S120121d4_24e

ハンタ道に戻ってさらに下っていくと、今度は右に折れる道がある。その小道を下ると巨木フェチの心を鷲づかみにする風格のある大木が現れた。

S120121d4_36e

さらに行くと、神秘的なオーラが漂う謎めいた空間に行き着く。その奧には岩と合体した凄味のあるガジュマル(?)が鎮座している。その圧倒的な存在感にしばし見入ってしまった。

S120121d4_29e
S120121d4_33e
S120121d4_30e

全長700mと短いので山歩きには物足りないが、史跡や大木など見所は多い。巨木フェチにとってハンタ道の枝道はとりわけ魅力的。新緑の頃にまた来ようと思った。

| | コメント (4)

2012年1月 7日 (土)

木漏れ日の道

久しぶりに晴れた。去年の暮れから雨混じりの日が多かった。天気が悪いと気分も沈む。青空と太陽を目にするだけで気持ちが浮き立つのを感じる。

貴重な日差し。日光を浴びに外へ出ることにした。北欧か!と突っ込みが入りそうだけど、この冬の沖縄はそれくらい天気が悪い。

クルマで名護岳へ向かう。名護青年の家にクルマを停めて、体育館の手前でハイキングコースに入る。舗装した遊歩道を越えて前方に水場のある山道へ。

未舗装でアップダウンのない道が谷に沿って伸びている。亜熱帯の森を散策するのに好適なプロムナードだ。15分ほど歩くと道は上り坂になる。その地点で引き返すつもりだった。往復30分のプチ森林浴。

山に入るのは久しぶり。豊潤な樹木の香りが心地いい。木々の緑が日差しを受けてキラキラ輝く。いい気分で歩いていると、思いもよらぬ標識が・・・。

S120107w6_02e

昨年の台風による被害かもしれない。とりあえず、崖崩れの場所まで行ってみることにした。ほどなく、前方にそれらしき箇所が見えてくる。

S120107w6_09e

端を歩けば通れそうな気もするけれど、危険を伴うのは間違いない。連日の雨で道は滑りやすくなっている。この地点で引き返すことにした。

根こそぎ倒れた木も目にしたし、台風の威力はハンパでない。手軽に森林浴気分を味わえるお気に入りの散策路だっただけに残念だった。

S120107w6_03e
S120107w6_06e
S120107w6_07e
S120107w6_15e

Nikon D40で写真を撮るのは久しぶり。シャッター音が耳に心地よく響く。ファインダーで構図を確認できる一眼レフはやはりいい。

ここしばらくはリコーのGR DIGITAL IVに心が奪われていたけれど、広角の単焦点レンズもやっぱり欲しいなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧