日記・コラム

2017年1月29日 (日)

そして10年が過ぎた

「名護ではこの土・日にさくら祭りが開催された。肝心の桜の咲きはイマイチだったが、エイサーなど沖縄の民族舞踊を間近で見ることができて楽しかった」

拙ブログの初回記事の冒頭から引用した。日付は2007年1月29日。名護に移り住んで1カ月半後に始めたブログだった。それから10年。

最初の2年間はもっぱら山に登った。冬でも青々とした草木が印象的だった。生命力に満ちた亜熱帯の森に圧倒され、写真を撮ることに快感を覚えた。

移住3年目にカヤックを購入すると、山から海へフィールドが拡大した。初めて釣ったタマンの強烈な引きに魅了され、カヤックフィッシング(KS)にハマることになる。

そして、2年前から野鳥を撮るようになった。それまで関心が薄かった野鳥が写真のターゲットとして急浮上したのが不思議だった。

それでも、最初はKSと野鳥写真を趣味の2本柱にしようと考えていた。が、KSはいつしか休業状態。結局、昨年は一度も出漁しなかった。

KSへの関心が消えたわけではない。野鳥写真に熱中するあまり、一時的に意識の片隅に追いやられているだけ。そう思いたい。

とはいえ、去年1年間、このブログは野鳥写真と(野鳥を撮るための)カメラの話題に終始した。この流れは今年も変わらないような気がする。

沖縄移住10周年を機にブログを新しくすることも検討中。野鳥写真に特化したブログを新たに立ち上げるという選択肢もあるけれど、さてどうなりますか。

追記:沖縄の野鳥写真のブログ「沖縄鳥景」を開設しました(2017年6月1日) 

S170217d500_07ee_2
S170213d500_03ee

10年過ぎても沖縄の桜は艶やかで美しい
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIで撮影

| | コメント (2)

2016年8月20日 (土)

フィルムで名護撮り

ヤフオクで購入したニコンのフィルムカメラ"Nikomat FTN"。白黒フィルムを装填し、一撮入魂の想いで被写体と向き合うはずが、その対象が思い浮かばない。

一番撮りたいのは野鳥だった。しかし、50mmの単焦点レンズを付けた、40年以上前のフィルムカメラではあまりにも力不足。ネオパークオキナワの鳥なら何とかなりそうだけど、アフリカのカラフルな鳥を白黒で撮っても・・・。

被写体を求めて海辺の公園をうろうろする。野鳥の撮影フィールドでもあるのだが、この日は閑古鳥が鳴いている。居たところで高嶺の花だけど。

花壇の花、ノラネコ、ひとけのないビーチ・・・目に触れるものにとりとめなくレンズを向ける。1枚撮るたびにフィルムを巻き上げるのがめんどい。デジカメと違って撮影画像を即座に確認できないため、ちゃんと撮れているのか心許ない。

ネットで見つけた業者にフィルムの現像とCDへの書き込みを依頼する。10日後、現像済みのフィルムとCDが届いた。さっそくパソコンの画面で閲覧する。うーん、これは・・・。全体に露出オーバーで白っぽい。40年の時の流れを感じさせる出来映えだった。

S000014e
S000028e
S000039e
S000038e
Photoshop Elementsで明るさを補正。オリジナルはもっと白っぽい

Nikomat FTNを一撮入魂カメラにする発想には無理があった。そのあるべき姿は愛玩カメラ。夜、ウイスキーをちびちび飲りながら、手に取って試す眺めつしながら悦に入り、時折シャッターを切ってはニンマリする。それが正しい使い方なのかも。

S000022e
とはいえ、デジカメにはない味わいも感じる。カラーもいつか試してみたい
Nikon Nikomat FTN + NIKKOR-S Auto 50mm F1.4ですべて撮影

| | コメント (0)

2015年8月20日 (木)

首がネック

寝起きの悪さと昼間の異常な眠気に悩まされていた。日によっては、緊張型頭痛や頭重感がこれに加わる。仕事が忙しくなると状態はさらに悪化した。

睡眠時間は足りているのに眠気がとれない。何らかの理由で脳に血液が行き渡っていないのか。最初に思い浮かんだのは動脈硬化だった。以前受けた頸動脈エコー検査で中程度の動脈硬化が認められたからだ。そこで7年ぶりに頸動脈エコーを受ける。結果は「正常」だった。

そのうち、首も痛くなってきた。首の筋肉に触るとガチガチに硬くなっている。最初は寝違えたと思ったのだが、1カ月経っても治らない。ネットで調べると、首のこりが原因でさまざまな症状が起きることがわかった。

この「首こり」の主な原因となるのがパソコンを使用した長時間のデスクワークだという。PCの画面を見るためにうつむき姿勢になり、首の筋肉が緊張する。そのため血流が悪くなり、頭痛やめまい、眠気などの症状を引き起こすとか。

胸にストンと落ちる説明だった。自分の状況にぴったり当てはまる。仕事で1日10時間もパソコンに向かっていると話すと驚かれることが多い。その事実に本当に驚かなければならないのは自分自身だった。それと知らずにこれまで首に過重な負担をかけていたのだ。

犯人の目星がついたので、対策を講じることにした。パソコンで作業をするときは、20分ごとに中断して首のストレッチを行う。仕事でパソコンを長時間使うときは温熱シートを内包した「首ホットン」も使用することにした。

睡眠中の首対策として枕も重要だ。高さ調整のできるパイプ枕を買う。そのままでは高く感じたのでパイプを抜いて低くすると、頭の部分がドーナツ状に凹んでよくない。結局、低めのフラットタイプの枕を買い直すはめになった。

枕の新調を機に生活も改めた。一度挫折した早起き生活(6時起床)の復活だ。起床後、30分ほど外を散歩して朝日を浴びる。再挑戦して今日で3日目。寝起きの悪さはだいぶマシになってきた。

早起きして太陽の光を浴びる――パソコン依存で不自然に歪められたカラダの養生策として、太古の昔から続く人間本来の生活習慣に勝るものはないのかも。

S150823gr_01
首対策グッズと参考書籍(「枕を変えると健康になる!」「慢性疲労は首で治せる!」)

| | コメント (0)

2015年7月28日 (火)

脇道でサギに会う

仕事がヒマなこともあって、この数カ月間でいくつか検査を受けた。昨年の12月は心臓のCT検査。今年の6月は頸動脈エコー。いずれも異常なし。7月下旬のこの日は那覇方面に車を走らせていた。大腸の内視鏡検査を受けるために・・・。

大腸の検査は5年ぶりだった。ネットであれこれ探してみたが、結局、前回と同じクリニックに予約をいれた。現地に着くと受付開始までにすこし時間がある。ぶらぶら散歩することにした。

幹線道路から脇道に入る。すこし行くと橋があった。川の上流にサギがいる。さらに行くと小さな池があった。そこにもサギがいる。一瞬、目を疑った。クロツラヘラサギだ。でも、あれは冬鳥のハズ。それに目撃できる場所は限られている。ここはいったい・・・

S150728gr_05e
バードウォッチングの聖地、三角池じゃあーりませんか

望遠ズームがあれば...と残念に思った。でも仕方ない。今日は自分が撮られる日なのだ。それでも、この場所に遭遇できたのはラッキーだった。ただ、ウワサどおり水は汚くゴミも多い。クロツラヘラサギと思われる鳥がいた場所の背景はコンクリートで固められていた。ここで鳥を美しく撮るには創意工夫が必要かも。

ドラマチックな出会いのあとには過酷な試練が待っていた。2リットルの下剤は余裕で飲みほした。問題は内視鏡検査。美人の看護師に何度もムギューと腹を押さえつけられる。超絶腸モミって感じでかなりエグい。ガンは見つからなかったけど、疲労困憊した。

医師いわく、ねじ曲がっていて難易度の高い腸だという。前回の検査でも難儀したが、その頃より痩せたので今回はさらに大変だったとか。たしかに、受ける側も前回よりきつかった。大腸の検査はもう当分いいやという感じ。

ポリープから採取した組織の検査結果を聞くために、近いうちにまたクリニックへ行くことになりそうだ。そのときは望遠ズームも持参するつもり。でも、あのクロツラヘラサギはもういないだろう。そんな確たる予感がした。

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

プレミアム・ワイン

やらなくてもとりたてて支障はない。どーでもよいこと。それでも、未処理の案件として頭のすみでくすぶり続けることになる。より正確に言うと、「7月のYou must do」のリストがエアコンの風を浴びて目の前ではためき続けることになる。

ハラを決めて一番面倒な案件から取り組むことにした。それは、業務上のセキュリティ要件を満たすために仕事用サブマシンのWindowsとOfficeをXP→7、2003→2010にそれぞれアップグレードすること。あくまでサブマシンなのでメインマシンが故障しない限り出番はないのだが、備えあれば憂いなし。心の保険みたいなものかもしれない。

つづいて、懸案だったTwitterの再開とFacebookの登録にとりかかる。こちらはすんなり片付いた。Twitterは仕事絡みの情報収集やセルフブランディングに使えそう。Facebookは公開範囲の設定がめんどい。それに、Twitterとブログに挟まれて有効な使い道が思い浮かばない。登録するという所期の目的は達したのでこのまま放置か。

ヤフオクにもお世話になった。ハスラーのリアシートに装着するヘッドレスト(安いAグレードには付いていない)とサブマシンの増設用メモリを購入した。マイ・ハスラーのリアシートに人が座ることはめったにないだろうけど、こちらも備えあれば憂いなし。流用可能なワゴンRのヘッドレストを格安で入手できた。

リストの最後を飾るのが20%お得な商品券「名護市プレミアムチケット」。限度額の5万円をドーンと購入する。これで6万円分の買い物ができる。このプラス1万円は大きい。購入の目的は生活コストの節減にあるので、もっぱらスーパーの買い物で消費することになりそう。

とはいえ、スーパー以外でもいろいろな店で使える。ときどき行くバーでも支払い可能らしい。商品券で飲む酒はどんな味? さっそく行ってみた。

最近、バーでは赤ワインを飲むことが多い。量は3杯まで。その店で出されたグラスワインはイタリア産だった。美味しかった。3杯飲んでそろそろ引け時だなと思う。商品券を出して眺めていると、これで払えば3杯のカネで4杯飲めることに思い至る。お代わりを注文した。

バーの支払いに商品券を使うと浮いた分を飲んでしまう。これでは節約にならない。やはり、スーパーでの買い物が正しい使い道なのかも。商品券で飲む4杯目の赤ワインはほろ苦い味がした。

S150722gr_02
プレミアムチケットを購入した「羽地の駅」

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

台風の一滴

ウェザーストリップを交換してもハスラーの雨漏りは直らなかった。やっぱりなぁ、というのが正直な感想だった。交換したけれどダメだったという報告をインターネットでたくさん目にしていたからだ。

やむなく2回目の修理へ。今度は別のディーラー店に依頼した。その際、ウェザーストリップを交換しても直らなかったこと、ネットの情報では風切り音防止テープを貼ると効果があるらしいことを担当者に伝えた。

今回はラパンが代車だった。女性がターゲットなのか内装がシャレている。Aグレードのハスラーには無いプッシュスタートやアイドリングストップも付いている。ちなみに前回の代車はワゴンR。修理のたびに未知のクルマを体験できて、嬉しいんだか哀しいんだか。

車を預けてから数日後、ディーラーから電話が入る。修理についてメーカーに確認したところ、ウェザーストリップを交換するように指示されたという。前回の修理で改良版に変えたハズ。それとは違うバージョンが存在するのか。

釈然としなかったがここは任せるしかない。効果がなければ速攻でまた再修理を要求するだけだ。それから3週間。ラパンにもすっかり馴染み、このままずっとラパンでもいいかと思い始めた頃、ディーラーから修理完了の連絡がきた。

久しぶりにハンドルを握ったハスラーは目の位置が高くて運転しやすい。ただ、代車のラパンのほうが停止/発進はスムーズだった。車種の違いというより個体差か。

ハスラーが帰還した翌週、大型で非常に強い台風「チャンホン」が沖縄にやってきた。夜が更けるにつれて風雨が激しくなる。と、仕事中に停電が発生! 無停電電源装置(UPS)があるからパソコンのデータは大丈夫とタカをくくっていたら、わずか10秒ほどで電気の供給がストップ。停電は数分で復旧し、作業中のファイルも無事だったけれど、高い金を払ったUPSが役立たずであることが判明して超ショック・・・。

その翌々日、雨があがったので車の確認にいく。台風なので雨量もハンパでない。床一面水浸しだったらどうしよう。おぞましいイメージが脳裏に浮かぶ。

最初に車内の後部ドアをチェックした。水滴はない。続いて前のドアをチェックする。こちらもOK。半信半疑でさらに調べると、右後部ドアのドアポケットに1滴発見。でも、それだけだった。

台風という状況を考えれば許容範囲か。ひとまずホッとした。7月なので台風はまだまだ来るだろう。猛烈な台風が来れば1滴では済まないかも。そのときは「風切り音防止テープ」が頼みの綱だ。

S150711d51_01e
台風が通り過ぎた日の翌朝。海上にはまだ白波が立っていた。

| | コメント (0)

2015年6月29日 (月)

悦楽と報酬の狭間

翻訳の仕事が減るにつれて、新たな収入源を模索するようになった。とはいえ、この期に及んでシンドイことはしたくない。アラフィフを過ぎてまもなくアラカンの仲間入りを果たそうというのだから。

芸は身を助けるという。好きなことをして金が入ればそれに越したことはない。思い浮かんだのはカヤックフィッシング(KF)と写真だった。

以前、飲み屋で知り合った料亭のオーナーに趣味はカヤックフィッシングだと告げたことがある。タマンやアカジンが釣れると話すと、うちで買い取ってもいいと言われた。そのときもらった名刺も探せばあるはずだった。

趣味のKFからサイドビジネスのKFへ。その転換を脳内でシミュレートしてみた。まずカヤックを13フィートの足漕ぎカヤックに買い替える。航行性能はこれで大幅にアップ。さらに海図を入手し、魚探とGPSを駆使して沖合の根をピンポイントで攻める。釣れた魚は大切な商品。神経締めと血抜きをバッチリやって鮮度を保つ。でかいクーラーは必須だ。

想像していくうちに胃のあたりがどんより重たくなってきた。高値で売れる獲物を求めて出漁する――航行性能は良くなっても、カヤックで海に浮かぶ楽しみは奪われるだろう。自分が自分でいられる神聖な空間を失うような気がした。

写真はどうか。ストックフォトのGettyimagesで写真を売らないかというメールがFlickr(写真共有サイト)から届いたことがある。手続きが面倒そうなのでヤメたのだが、ストックフォトでの写真販売は検討する価値がありそうだった。

問題は、ここでも楽しみと報酬がトレードオフの関係になりやすいこと。自分が撮りたい被写体(作品)からストックフォトで売れる被写体(商品)に軸足を移すことを余儀なくされる。

それでも、使用される媒体をイメージしながら撮った「商品」が売れれば新たなやりがいを見いだせるかもしれない。「商品」路線を維持しながら自分の「作品」を撮り続けていくこともできるし、その「作品」がストックフォトや電子出版を通じて「商品」にならないとも限らない。海外のストックフォトなら市場は世界規模に拡大していく。

写真は新たな収入源となる可能性を秘めている。でも、それは長い目でみた話。それなりの金額を稼ぐには大量の写真をストックしなければならないため、長期的なスパンで取り組む必要がありそうだ。

結局、時間や労力を考えると取引先を広げて翻訳で稼ぐのが一番確実か。翻訳者は翻訳の仕事に精進しましょうねというオチでした。

S150517d51_13e

| | コメント (2)

2015年6月21日 (日)

塞ぎの虫

モノトーンに塗り込められた毎日がとりとめなく過ぎていく。塞ぎの虫にとりつかれてしまったらしい。何もやる気が起きない。睡眠時間は足りているのに眠気がとれず、頭はどんよりと重い。身体の不調がそれに追い打ちをかける。首も腰も手首も痛い。

実現したはずの早起き生活も元の木阿弥になろうとしていた。1日を無駄に過ごすのなら早起きしても意味がないので当然か。

やりたいことは沢山あるはずだった。数年前に登録したきり放置しているTwitterを再開するとか、Facebookを始めるとか、購入済みのPhotoshop Lightroom 5を活用してRAW現像の達人になるとか。

実際はリクライニングチェアにごろんと横たわり、本を読んだりテレビで映画を観たりして1日が暮れていく。村上龍の「55歳からのハローライフ」もそうして読んだ1冊だった。

5作の中編で構成されたこの小説の主人公たちはいずれも中年世代。自分と年代がかぶるので感情移入しやすく、ストーリーにすんなり入り込むことができた。

離婚、リストラ、早期退職etc――きっかけはそれぞれ異なるものの、主人公たちは人生の転機に直面し、自分と自分が抱える人間関係に正面から向き合わざるをえなくなる。そして、さまざまな葛藤を経たのち、新たな明日へ向けたスタートラインにたどりつく。この新たな出発点をさりげなく提示するラストが心地よい。

村上龍は希望の示し方がうまい。過剰な希望はウソっぽい。かといって希望がなければ救われない。その絶妙なサジ加減に作家としての円熟味を感じた。

ストーリーに没入できたもうひとつの理由は文章が醸すリアリティーだ。たとえば飲み物。主人公を特徴づける嗜好飲料がストーリーごとに用意されており、それを通じて主人公の日常生活、さらには人間性を窺い知ることができる。

場所の説明で実際の地名を挙げていることもリアリティーを高めていた。たとえば、東京の西武線小平駅の裏手にある古本屋が登場するのだが、そのあたりは馴染みのあるエリアなのでイメージが湧きやすかった。

村上龍の小説をまともに読んだのは「限りなく透明に近いブルー」以来だった。リアリティーと抑制された詩情を兼ね備えた文体でけっこう好みかも。最近書かれた別の作品も読んでみたくなった。

S150603gr_01
そのあと観たラッセ・ハルストレム監督の「シッピング・ニュース」。不器用で不運な中年男の「魂の再生」を描いた秀作。この映画についても書くつもりだったけど、疲れたのでヤメた。

| | コメント (0)

2015年5月31日 (日)

5月の家計簿

収入減に対処するため、家計を切り詰めることにした。それには毎月の支出を正確に把握する必要がある。そこで家計簿を付けることに・・・。

無料でダウンロードできるソフトもあるが、Excelを使ったシンプルな家計簿を自作することにした。5月末日に1カ月分の総支出を計算する。約15万円。目の玉が飛び出るほどの金額ではない。それでも倹約の余地は残されている。

毎月の生活費を13万以下に抑える目標を立てた。家計簿の支出内訳を見ると、食費に4万ちかく使っている。自炊中心の生活にしては多い。無洗米をやめるとか冷凍食品の比率を下げるとか、個々の品目を検証してコスト節減をはかる必要がありそうだ。

ほかにも日用品や薬、サプリメントで計1万以上使っている。このあたりも倹約できそう。ドラッグストアで購入したエビオス錠がアマゾンなら5百円安く買えることが後になって判明したことも。洗剤、シャンプー、歯ブラシなどの日用品はトップバリュ(イオンのプライベートブランド)で十分という気もする。

予想外だったのは、飲み代が1万以下だったこと。飲酒イコール浪費のイメージが強いため、自主的に節酒モードに入っていたのだろう。6月以降もこのペースを維持できるとよいのだが。

家計簿によって支出を可視化したことで、印象と実態のギャップも浮き彫りになった。たとえば書籍代。アマゾンのレビューを読んで衝動的に欲しくなることが多い。5月もあれこれ買いすぎて悔やんでいたのだが、実際の支出は4千円程度だった。飲みに出てハシゴすればすぐに消えてしまう金額。本はコストパフォーマンスが高いと改めて思う。

購入した本に「飛翔」という写真集があった。飛翔中の野鳥がテーマで見応えがある。こんな写真を自分でも撮りたいと思う。そのためにはしかるべき機材が必要だ。

有力候補はCanon EOS 7D Mark II + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMで実売価格が約\436,000。ニコンではNikon D7200 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRで実売価格が約\325,000。あれっ、家計を切り詰めるハナシがいつの間に・・・。

S150530d51_132ee
クチバシに札束をくわえているように見えるのは気のせいか
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)で撮影

| | コメント (0)

2015年5月18日 (月)

鳥がさえずる朝に

早起きの生活に戻りたい。ここ数年の悲願だった。目標は6時起床。睡眠の質を高めるサプリメントもいろいろ試した。が、起きられないものは起きられない。

その悲願があっけなく成就した。きっかけはテレビ番組の「みんなの家庭の医学」。その日の特集は認知症予防の睡眠法で、良質な睡眠を得る方法が2つ紹介されていた。秘訣は「深部体温」を下げることだという。

方法のひとつは朝の散歩。日光を浴びながら20分以上散歩すると、睡眠を促すメラトニンが15~16時間後に分泌される。もうひとつは夜の入浴。就寝の2時間前に40度の風呂に10分浸かると深部体温が下がるとか。

さっそく実践してみた。鳥がさえずる朝に日光を浴びて散歩するのは気持ちがよい。浴槽に湯を張って入るのは久しぶりだった。40度のお湯に10分浸かると体が火照ってくる。風呂から出ると扇風機の風で涼んだ。ビールを飲みたいけど我慢する。

翌朝、アラームの時間よりも早く目が覚めた。いつもより頭がすっきりしている。睡眠の質が向上したのを実感できた。

それから1週間。早起き生活は続いている。ただ、風呂を毎晩沸かすのは不経済なので、入浴は初日だけで終わった。もっとも、足湯でも同様の効果を期待できるらしい。

当面の目標は朝の散歩を習慣にすること。朝6時の起床時間が定着すれば、1日3回決まった時間に食事をとれるようになり、夜が更けるとメラトニンが眠りを運んでくれる。

健康生活を実現するキモは習慣化にあると思う。健康だけではない。クリエイティブな営みにも習慣化は欠かせない。そして、習慣化は効果を実感することで促進される。

そういえば、最近なんだか頭の働きが良くなってきた。んなわけねーか。

S150515d51_08ee
コゲラ。近所の公園でよく見かける
Nikon D5100 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(A005)で撮影

| | コメント (0)

より以前の記事一覧